115.人生は一度きりの晴れ舞台

社会生活は一つの舞台である。 特に、それで報酬を得また人間性も問われる。仕事の場などは、舞台も舞台、人生における歌舞伎座やアポロシアターやオペラ座のようなものである。 「晴れ舞台」なのだ。 その一挙手、一頭投足が衆人環境の中で行われ、一つひと…

115.人生は一度きりの晴れ舞台(全2編)その1 社会生活は一つの舞台である。特に、それで報酬を得また人間性も問われる。 仕事の場などは、舞台も舞台、人生における歌舞伎座やアポロシアターやオペラ座のようなものである。 「晴れ舞台」なのだ。 その一挙…

114.ある大工さんの引退(全3編)その3

話は変わりますが、世界の経営者やビジネスマンに大変な影響を与えた、P・F・ドラッカーは、「プロフェッショナルの条件」の中で、「自分の人生を変えた7つの体験」を書いている。 その中に18歳の頃、ハンブルグの有名な私立図書館に勤務していた頃の話があ…

113.ある大工さんの引退(全3編)その2

私には、この大工さんを笑うことは出来ない。 私もまた、この大工さんと同じようなことをしている気がする。 毎日、毎日、私達も人生という家を建てている。 けれども、建てることに、毎日全力を出していないことが時としてあるのではないだろうか? 「昨日…

112.ある大工さんの引退(全3編)その1

引退寸前の大工さんの話である。 彼は、もう引退しようと思っていた。 もう歳だし、これまで十分に仕事をしてきて、老後の蓄えもあるし、妻と一緒にのんびり暮らそうと思っていたのである。 雇い主は、そんな彼の気持ちを知りながら、「もう一軒だけ、家を建…

111.無口と言われ続けて

「私は人生を、魂の力を試す材料だと考えている」 -ロバート・ベラウニング(イギリスの詩人)- 無口な子供だと言われ続けてきた人が、小さな勇気を奮って、人生の生き方に変化を見つけていったプロセスを語った内容を参考にまとめてみました。 ・・・ 子…

.110閑話休題…生垣の意味

手入れの大変そうな生け垣が使われる理由は、何でしょうか? 阪神・淡路大震災以降、住宅の耐震性もさることながら、防・耐火性が、俄然注目されました。 類焼被害で焼失した住宅が多かったためであります。 大地震が起きないまでも、近所で火事が起きるかも…

109三つの話(全3話)3連載

(第3話)初めてを作るには 日常の中に食材を見つけるには、常に好奇心を持っていることが大切です。 誰でも、自分の知らないことに対して、興味がすごくあるでしょう。 例えば料理屋さんに行って、知らないメニューがあったら頼んでみる。 例えば「たてがみ…

108.三つの話(全3話)第2話

(第2話)有るべきか、無い方が良いか 仏教思想家の「ひろさちやさん」は、「極楽世界はあるか否か」という質問をよく受けるそうです。 その時「あるか、ないか」を説いても、誰も行ったことも見たこともないのだから、いくら説得させようとしても無駄であり…

107)三つの話(全3話)第1話

(第1話)ヒツジとヤギ 川を渡るために、丸太の橋が架けられていました。 その橋は大変幅が狭いのです。 ある日のこと、二匹のヒツジが橋で会ってしまいました。 二匹ともせかせかと橋を渡り始めます。 橋は狭かったので、その二匹は、すり抜ける余地はあり…

106).泥かぶら(全3編)その3

ところが、そんなある日、村に恐ろしい「人買い」がやってきました。 人買いは借金のかたに、一人の娘を連れて行こうとします。 「泥かぶら」と同じ年の親しい娘です。 見かねた「泥かぶら」は、人買いに、自分を身代りにしてくれと頼みます。 こうして、売…

105).泥かぶら(全3編)その2

果たして、「こずえ」の後ろから、父親の庄屋が竹の鞭を持ってやって来ました。 庄屋は、大切にしていた茶碗を割られたことで、怒り心頭に達していました。 父親の怒りを逃れるために、「こずえ」は、「泥かぶら」に罪を着せてしまいます。 怒り狂ったような…

104)泥かぶら(全3編)その1

演劇「泥かぶら」をご覧になられた方もおられるでしょう。 昭和27年の初演以来文部大臣奨励賞を受賞し、国内外で15000回以上も上演されている眞山美保作・演出の名作。 子供から大人まで楽しめて心洗われる美しい劇です。ストーリーをご紹介します。 ……………・…

103)「扉の国」と「障子の国」(全2編)その2

先の東日本大震災の時のような非常時になると、そのよき資質が現れる。 海外メディアが驚嘆した「日本人らしさ」であります。 しかし、アメリカを筆頭に他国と行くと、この以心伝心が通じないことが多いと聞きます。 言語も習慣も違う多民族国家の中では、自…

102).「扉の国」と「障子の国」(全2編)その1

※『アメリカなう』小学館より アメリカで、『申込期限終了』とか「満員御礼」とか言われても、あきらめちゃいけません。 強い熱意を持って体当たりしたら、大抵の扉は開かれます。 というか、むしろ「その熱意がうれしいよ」と大歓迎されちゃったりするから…

101)良いところを見ませんか(全3編)その2

「いくら努力しても、うまくいかない」「一生懸命頑張っているのに、いつも失敗ばかりしてしまう」と嘆いている人は、「人生は、思うようにいかないものだ」という、信じ込みがあるのかも知れませんね。 そんな思いを持って、人生という映画を観ると、「思う…

100).良いところを見ませんか(全3編)その1

「とても面白いから、絶対に見た方がいいよ」と、友人に誘われて映画を見に行きました。 その友人はストーリーのタネ明かしをしない程度にどんなところが楽しいのかとか、こんな興味深いシーンがあるよとか、事細かく教えてくれたのです。 観にいって大正解…

99)世の中はここより他になかりけり(全2編)その2

『魂をゆさぶる禅の名言』双葉社より 玄峰(げんほう)老師がいつも口にしていた言葉が、この「世の中はここよりほかになかりけり」である。 静岡県の三島市に、山岡鉄舟が通ったという、白隠禅師ゆかりの名刹、竜沢寺(りゅうたくじ)がある。 しかし、戦後…

98)世の中はここより他になかりけり(全2編)その1

医師・高田明和氏の言葉です。 「世の中はここよりほかはなかりけり、よそにはゆかれず、わきにゃおられず。 世の中は、今よりほかはなかりけり、昨日は過ぎつつ、明日は来たらず」 …… 禅では「即今(そっこん)、今」などといって、今、この場所以外に行く…

96)人間理解『大相撲力士…栃東の戦い方』(その二)

当人の栃東はというと、「本当は思い切ってぶつかるつもりであったが、勝ち越しが掛っていたし、緊張してつい…。とっさに動いちゃった」とちょっぴり照れくさそうだった。 この癖がある為、これまでも技能賞の常連なのに、賞の対象から外されることがあるの…

96)人間理解『大相撲力士…栃東の戦い方』(その一)

大相撲に興味にある方で、40歳以上の方なら覚えていらっしゃるかと思います。 2000年大相撲5月場所11日目。 8勝3敗で勝ち越しながら、各方面から非難を浴びた力士がいました。 貴闘力に勝った関脇栃東は、若干23歳で、若手の先頭を行く将来も相撲界を背負っ…

95)日本一のパパ(♪♪♪全2編)その2

「にほんいちのぱぱ」「にほんいちのぱぱ」「!」「!」 思わず、木村さんの目に涙があふれ、頬を伝わって流れていきました。 「・・・・・」子供を抱きしめながら、ただ泣きました。 それまで、必死に耐えていた「心のたが」が外れたように、あふれてくる悔…

94)日本一のパパ(♪♪♪全2編)その1

木村(仮名)さんは、3店舗のラーメン店を経営していました。 もともと、ある食堂の厨房で下働きをしていた木村さんにとって、自分の店を持つことは当初からの夢でした。 そして、念願かなって、1店舗目をオープンすることができました。 目新しさもあって…

93)過労自殺を考える(ストレスチェック:安心して使える制度に)

一昨年から”職場でのストレスチェック制度”の運用が始まりました。 50人以上の従業員を抱える企業は、今月までにストレスチェックを実施無ければならなくなっています。 過労死など仕事のストレスで心身の不調に陥る人をなくそうという目的で始まった制度で…

92)過労自殺を考える(冬眠状態を脱するには:意識して外出しよう)

1月に入って冬の寒さが本格化してきました。 気分が極端に落ち込んで日常生活に支障が出てくるうつ病は、「こころの冬眠状態」と例えられることがあります。 心理的に厳しい現実を前にして自分の世界に閉じこもっていると考えられるからです。 このように書…

91)過労自殺を考える(つらさ乗り越える…同じ状況の人を参考に)

自殺対策の啓発活動の内容を表現するのに「ウェルテル効果」と「パパゲーノ 効果」という言葉が使われます。 ウェルテル効果とは、ゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」が出版され注目 を集めたときに、失恋をして自殺する若者が増えたことから名付けられた…

90)過労自殺を考える(冷静さを取り戻す:新年はリセットの好機)

皆さんは年末年始をどう過ごされましたか? 私は、今でこそ自分の時間を持てるようになりましたが、若い頃はサービス業の仕事もあって、年末年始もゆっくりできませんでした。 若いころの私と同様に、仕事をして過した人も多いと思う。 そうした状況では、年…

89)過労自殺を考える(褒め言葉の効果:脳を刺激、意欲を引き出す)

以前過重労働のためにうつ状態になって相談を受けた人から、上司の対応について話を聞いてなるほどと思ったことがある。 その人は、深夜残業や休日出勤が続き、心身ともに疲れ果てて仕事を休まなければならなくなった。 休職するまでに追い詰められたのは単…

88)過労自殺(立ち止まれる社会に)

私たちのこころや体は瞬間的に反応して身を守るようにプログラムされています。 これは私たちの祖先が、自分の身を守るために培った反応なのです。 ただ、おそらく当時も、そして今も、瞬間的に反応して差し迫った危険をやり過ごした後には、ちょっと立ち止…

87)祈りの手(♪♪♪全2編)その2

「デューラーは、私のことで傷つき、苦しんでいます。 自分を責めています。 神さま、どうかデューラーが、これ以上苦しむことがありませんように。 そして、私が果たせなかった夢も、彼が叶えてくれますように。 あなたのお守りと祝福が、いつもデューラー…

86.祈りの手(♪♪♪全2編)その1

「祈りの手」という有名な絵があるのをご存じでしょうか? アルブレヒト・デューラー(1471-1528)というルネサンス時代の優れたドイツの画家がかいた作品です。 その作品にまつわる感動的な話です。 一部割愛し掲載します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・…

85).仕事を楽しむ(♪♪♪全4編)その4

【3】そうじの神様から教わったこと 金田はカーストディアルの初代のマネージャー、チェック・ボヤージンさんから教えて貰ったんだけど、前置きして増田に解説を始めました。 キャストは、次の4つのキーワードを優先しなければいけません。 1.安全、2.礼…

84).仕事を楽しむ(♪♪♪全4編)その3

それから数週間後、休憩室の片隅に電子レンジが置かれました。 増田達は、温かい弁当を食べることが出来るようになりました。 初めて温かい弁当を食べることはできたものの、外では一度やんだ粉雪が、再び降り始めたようです。 このところ冷え込む夜が続き、…

83).仕事を楽しむ(♪♪♪全4編)その2

【2】1987年2月某日 この日は、何時にもまして寒い日でした。手がかじかんで雑巾すら絞れない状態です。 しかし、スーパーバイザーがやってきて、また煩いことをいうので休むこともできません。 ・・・ しぶしぶ手を動かして白色の木馬を磨いていました。 し…

82)仕事を楽しむ(♪♪♪全4編)その1

ディズニーランドに行ったことがある人はわかると思いますが、ディズニーランドで働く人達はキャストと呼ばれ、彼らは誰もが輝いています。 だから、ゲストである私達も「夢と冒険の世界」で楽しむことができるのです。 今回は増田という50を少し過ぎた男性…

81).三風五雨を生きる(♪♪♪全3編)その3

次は「ウェルカム・トラブル」です。 映画評論家の淀川長治さんは、生前こんなことをよくう言われておられました。 「私の座右の銘は『ウェルカム・トラブル』です。 トラブル歓迎、いらっしゃい。そう思っていると、実際にトラブルが起こっても、元気が出て…

80.三風五雨を生きる(♪♪♪全3編)その2

では、雨や風の日には、どう過ごせばいいのでしょうか? 先人の皆さまの知恵と行動えお紹介してみます。 最初は「美しいレモネードを作ろう」という話です。 次に「ウェルカム・トラブル」 最後に「風向きが変わるのを待つ」という話です。 ・・・・・・・・…

79).三風五雨を生きる(♪♪♪全3編)その1

臨済宗の高僧、高花大亀氏の話に「坦雪埋井(たいせつまいせい)」という言葉があります。 「人間の努力や営みは、雪を投げ込んで、井戸を埋めようとするようなものだ」という意味です。 どんなに雪を運んでも、井戸は埋るはずはありません。 徒労といえば徒…

78)承認良(♪♪♪全3編)その3

職場の中で、いったい、どのようなコミュニケーションがなされているのだろうか? その頻度は?量は?城氏からメンバーだけなのか?メンバー同士で交わされているのか? そして、今、アクノレッジはどのくら流通しているのか? 社員達のアクノレッジ金貨の預…

77) 承認良(♪♪♪全3編)その2

ひとつは、同僚や上司を批判する、非難する、否定する。といった「闘う」態度をとることです。 そして、もうひとつは、内向きになる、元気がなくなる、ミスが多くなる、体調を崩し会社を休みがちになる、といった「逃げる」という態度をとることです。 この2…

76).承認良(♪♪♪全3編)その1

「石橋くん、私を見て何か気が付かない?」 入社したての私は、先輩の女性からの突然の質問に、正直、躊躇してしまいました。 そんな私に、その先輩は間髪いれずに「石橋くん、わかんないの?新しい靴を買ったのよ。昨日と今日の変化に気づかないようじゃ、…

75)無上意のサービス♪♪♪

「無上意」とはこれ以上無い行為」という意味の仏典から来ている言葉です。 人は大それた行為や、金のかかった大きな仕掛けに感動し、感激するのではありません。 ほんの小さな心遣い、さりげない思いやり、温かな無償の行為に感動します。 人の不思議なとこ…

74).大病を治せる人とリーダー(♪♪♪全3編)その3

奥様のあの言葉がなかったら、僕は今ここにいません。 医療もまさに心一つの置きどころで、患者の側が自ら治ろうという気概を持たなければ、何も起こらない。 ・・・ 僕はこれを傘に例えています。 傘には布と芯の部分がある。 布の部分は、医療者や家族であ…

73)大病を治せる人とリーダー(♪♪♪全3編)その2

僕が倒れたのは、医師である恩師が亡くなった、翌年の1998年だったのですが、僕はとうとう彼の奥さんに、こんな手紙を書きました。 「奥様、さようなら、僕はいま死ぬような大病を患っているのです。もう二度とこの街を歩き回ることもないでしょう。これから…

72)大病を治せる人とリーダー(♪♪♪全3編)その1

永田勝太郎(財団法人:国際全人医療研究所理事長)の生き方に関するお話を紹介します。 大病の患者が回復する為に必要なものは、組織のリーダーに求められるものと、同じものだと言われます。 【永田理事長の話】 これは13年前のことですが、私は、ある時大…

71)閑話休題…どん底からでも頑張れる人(♪♪♪)

莫大な借金があってもまた夢に向かって立ちあがっていく人。 無収入でも一生懸命になれる人。 どうやら人間は、状況がどうあれ頑張る人は頑張れるし、そうでない人は、燃え尽きてしまうようです。 それを分けているものは、一体何なのでしょうか? 実は、人…

70)「早くしなさい!」と「ゆとり」(♪♪♪全2話)その2

そこで、時間泥棒とモモとの間で、「時間争奪戦」が始まります。 壮絶な戦闘の結果、最後にモモが勝って、町にゆとりと心の平安が戻るという、誠に象徴的な童話です。 人々がその時「無駄な時間」と勝手に思っていたのは、実はその人々がその時にしか味わえ…

69)「早くしなさい!」と「ゆとり」(♪♪♪全2編)その1

西ドイツの童話作家、ミヒャエル・エンデの『モモ』という童話があります。 イタリア・ローマを思わせるとある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男達によって人々から時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまいます。 しかし貧しくとも友…

68)人生ここが一番おもしろい(♪♪♪全3話)三話

【3】若さを生む努力 人間、50年も生きると、なかなか習慣というのもを変えることが出来なくなります。 喫煙、飲酒が止められません。 ところが、何らかの拍子に吸わなくなったり、飲まなくなったりしても、意外に平気なものです。 習慣は変えられないと思い…

「アリとキリギリス」を疑ってみる(全3編)その2

【2】没頭できるものを持とう 今、あなたは没頭できるものを持っていますか? 「仕事です」と答える人は多いはずです。 特に50代ともなると、もう一踏ん張りと仕事に没頭したくなります。 ところで、没頭のさなかに、突然終止符を打ってしまうと、その後の長…