人事

万事塞翁(ばんじさいおう)が馬…視点を変えて見る(全3編)その2、その3

その2 上司が部下に、動機付けをするということは、要するに相手の未来に向けて強く動かしたい訳です。 動機付けが「うまい人」は、相手が停滞してしまった時に、「万事塞翁が馬」的な視点を使って、相手をその停滞から解放し、未来に向けて再び動かすこと…

万事塞翁(ばんじさいおう)が馬…視点を変えて見る(全3編)その1

万事塞翁(ばんじさいおう)が馬…視点を変えて見る(全3編) その一 座右の銘というほどではなくても、誰にも好きな言葉があると思います。 良く好まれる言葉の一つに「万事塞翁が馬」があります。 ほとんどの方は、この「故事成語」のルーツについてご存じ…

ピグマリオン効果(その二)

サイコセラピー(心療療法)の分野では、傷ついた心を癒す治療として、褒めるという 「愛のストローク」最も効果的だとされています。ここで言う「ストローク」とは、 「他人に対する態度の表現」という意味で すが、褒めることは、言葉による最高級のス ト…

ピグマリオン効果(その一)

かけがえのない人からの一言が、大きな自信を与えてくれることがあります。褒めるこ との大切さを見てみましょう。よく企業の人材育成の題材に使われるものですが… 心理学の言葉に、「ピグマリオン効果」という言葉があります。「ある人から期待をか けられ…

振り返り4

引き続き4記事載せます!!! growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com

振り返り3

growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com

振り返り 2

引き続き、人気のあった記事4記事載せます!!!よかったら見てください。 growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com

振り返り!!!

12月26日~12月30日の間、これまでに掲載した記事で個人的に再度読んでいただきたい記事や人気のあった記事を載せたいとおもいます。 growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com

カメがウサギに勝ったワケ(番外編)

カメからかけっこの競争を仕掛けられたウサギも、そんなに頑張って競争することはもともとなかったのです。 カメと勝負して、何の意味があったのかよく分かりません。 余程、この時のウサギの心理状態を想像すると、これまたイライラしていたか、むしゃくし…

返報性の法則 シリーズ

この記事は結構高評価だったかなと思います。 よかったら見てください!! growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com

カメがウサギに勝ったワケ シリーズ

カメとウサギのお話を4記事ほどのさせて頂きました。 よかったらどうぞ!! growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com

踊る大捜査線シリーズ

踊る大捜査線に見る組織とリーダーの醍醐味を10記事を書かさせていただきました。 長くなりますが、見てください!! growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com grow…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その十)

やっぱり最後は“人” 最後に一つエピソードを紹介させてもらいます。 担当講師が警察に取材した時、こんなはなしを聞いたそうです。 最近は女性刑事も増えて、犯人を逮捕する時も一緒に突入する。 その前に、女性刑事に「おい、パンを買ってこい」と言って200…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その九)

※仕事があるのが最大のモチベーション 警察という巨大なピラミッド組織の中には小さなピラミッドがいくつもあって、青島は自分の属するピラミッドの上に位置するピラミッドを見事に結び付けた。 この役割をミシガン大学のレンシス・リッカ―トという経営学で…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その八)

※やはり最後はリーダーで決まる そのすぐ後にも印象的なシーンがあります。 闘争する犯人たちに向かって、青島が「君らにはリーダーがいないんだってな!」と叫ぶと、犯人側が「ああ、究極の組織だ」「リーダーなんかいると個人が死んでしまうんだ!」と応酬…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その七)

※柔軟な対応が必要、固定概念を破れ! 私たちの仕事の世界でもそうだと思います。 上の人間が下のために環境整備をしてやるかやらないかで、仕事の質や出来上がりは全然違ってくると思います。 その意味では、映画で室井が捜査を立て直すため、それまで捜査…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その六)

※ダメな上司の方が人は育つ(部下が優秀な場合ですが) 警察でも、現場から上がっていった人には、上司になっても現場好きが多いらしくて、自分のやり方はこうだと口出しをする。 それが何十年も前の殺人事件での経験だったりする。 現場経験が長いと、役職に…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その五)

※この映画は、中高年が感動する映画だと思いました。 わたしは明らかに前者で、この映画はみんなで地図を作ることが大事なんだということが言いたいのだ。と思ったほどです。 それは、わたしも社会人のはじめは現場にいたけれど、その後は現場との距離が大き…

.『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その四)

※事件は現場で起きている! 2003年ヒットした映画の二作目(レインボーブリッジを封鎖せよ!)では、連続殺人事件が起きて、湾岸署に特別捜査本部が設置され、本庁の女性管理官沖田(真矢みき)が本部長として着任します。 一作目では、会議室にいたまま臨機応…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その三)

【骨のある人物がいて、その背中をみて人材ができる】 最初の構想では、同じ本庁対所轄、キャリア対ノンキャリアという構図の中で、織田さんを本庁のキャリアにしようと考えたそうです。 織田さんをキャリアにした場合は、目の前に理想を揚げながら、それに…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その二)

【事件に大きいも小さいもない】 私の大学の専攻科目は経営学です。社会人の後半(50歳)になって某ビジネススクールに入学しました(50歳を超えた生徒は私1人。20後半から30前半が中心)。 その時の教授は、「警察組織」に非常に興味を持っていました。講義…

『踊る大捜査線』にみる組織とリーダーの醍醐味(その一)

【刑事だってサラリーマンだ】 テレビの視聴率で、いつも上位に来るのが刑事・警察ものです。何故なのでしょうか?それは、見る側が共感できる部分が多いからではないでしょうか。国民はタテ割り行政、現場を知らないエリート官僚など自分たちにはどうにも出…

「お客様満足」(その三)池が3つあるのですか?

紀元前5世紀の頃、ある村に暴れ馬を操った、若い王子様がやってきました。とある家の庭に飛び込んでいくと、家から娘さんが出てきました。王子は娘さんに、こう言った。 王子「泥道を走ってきたので、足が泥だらけだ。足を洗いたい。水をくれないか…」 娘は…

「お客様満足」(その二)豊臣秀吉と石田光成の出会い

豊臣秀吉の側近で、五台奉行のトップを務めた、石田光成が幼い頃、お寺で修行をしていました。その頃光成は「佐吉」と呼ばれていました。ある日のこと、鷹がりに出ていた秀吉が、休息を取る為、そのお寺に立ち寄ることになりました。「佐吉」に向かって秀吉…

『お客様満足』(その一)雑用と言う仕事はない

私の友人で総務課に勤めるAさんは、 「世間には雑用という言葉がありますが、私は雑用という仕事は、ひとつも無いと思っています」 と言われます。 毎日アメリカからお客様が、来社され、東京から大阪へ出かけられます。その切符を手配するのですが 「初めて…

カメとウサギのお話し シリーズ

カメとウサギのお話を4つの記事にわたって投稿させていただきました。 2つの視点に立ってカメが勝利した理由について説明しています。 事実は1つでも解釈の仕方はたくさんあるんですね(笑) 今後もよろしくお願い致します。 カメとウサギのお話し (その一)…

カメがウサギに勝ったワケ(その四)

私たちの目標設定はどうでだろうか??? 私達も今年の目標があると思います。 自営をやっておられる方、会社勤めの方など、1年~5年目標があると思います。 この目標が、山のふもとであって、これを達成するために日々の業務、仕事をしています。「そんなこ…

カメがウサギに勝ったワケ(その三)

目標設定の重要性について 「ウサギがカメに負けた」このお話は「目標設定の重要性」のことを言っていると思っています。 小さい頃は、「力があるからといって、それを過信して、怠けてはいけませんよ」。 一方「どんなに力が無いと言われても、一生懸命コツ…

カメがウサギに勝ったワケ(その二)

「仕事の目標をどこに置くか」では、以下の通りになります。 カメがウサギに勝ったワケ(その一)で述べた生理学的発想をやめて、 「仕事の目標をどこに置くか」 という視点で考えると以下の通りになります。 ウサギは「とにかくカメに勝つこと」を第一優先…

カメがウサギに勝ったワケ(その一)

皆さんご存知のあの話題について少しお話をさせて頂こうかなと思います。 童話で覚えたのか、イソップ寓話で学んだのか、記憶ははっきりしないのですが 「のろまと言われるカメが、ウサギと競争して勝った」 ウサギが居眠りをしていたからだ。 「力があるか…

「当事者意識」で人は変われる

一般的に「仕事が人を作る」とか「立場が人を変える」とか言われます。心理学の勉強で知ったのですが、 実は ・・・性格も変わるのだそうです。 早稲田大学の本明寛名教授によると、人間の性格の中心、核をなすものは「気質」といわれるものであり、この気質…

愛社精神

ある化粧品会社は、宣伝という理由から女子社員に会社の制服を着せて通勤させたことがあります。出社してからの外出でなく会社の行き帰りにです。また、あるデパートは通勤に自店の買物バックを使わせました。ある車メーカーは、従業員や取引業者にそのメー…

感情ってコントロールできるの???

感情のコントロールの方法をご説明致します。 ポイントは 自分に気づく!! です For example・・・・・ Xさんは私にひどいことや気に障ることを言いました。私はマジギレです(笑) その後に、なんであんなこと言ってしまったんだろう~と思うはずです。 ↑ ↑ …

生きた組織をつくる シリーズ

皆さんこんばんは。生きた組織をつくるという記事を2記事書かさせていただきました。連続して読むと理解が深まると思います。 こんな記事を書いてほしいなどご要望があればどんどんFacebookやツイッターでも、コメントでもいいので書いてくださいね! growth…

生きた組織をつくる(その二)“止まると濁る、長いと腐る”

人事異動原案は、方針の策定から始まり、具体的な人事異動原案を作成します。その要素は、「経営方針からの要請」「業績」「社内ビジネススクールの終了コース」「上司意見」「自己申告内容」「各地区本部・地域各社からの要請」「長期滞留者リスト」等々で…

生きた組織をつくる(その一)“止まると濁る、長いと腐る

企業であれ、病院であれ、民間であれ、政府機関であれ、いかなる組織も常に栄養や新しい酸素を必要しているといいます。その意味では組織はよく人間の身体にたとえられます。 組織は、構造と機能の仕組みです。“組織は戦略に従う”という言葉がありますが、本…

経営者の趣味

「公」である経営者にとって「健康」についで留意すべきことがあります。それは、「趣味」です。趣味を持つことは良いことです。TVや雑誌などで大企業の社長が、ペットを抱いたり、庭いじりをしている姿をみると微笑ましく、親近感や人間味を覚えることが…

事業領域を明確にする

大学を卒業して入社した会社(小売業)は、「会社の数字をバランスシート(B/S貸借対象表)でみよ。損益計算書(P/L)だけではダメだ」とよく言われました。P/Lではいくら使って、幾らの利益を得たことしかみることはできません。連結で見よと言っていたのです。経…

数が質に変わる(その二) 経験とは“時間”と“数”

(小売業の話ですがビジネス全般に普遍的であると思います。参考にしてください。 また重要な内容だと思いますので、丁寧に説明します) 新入社員時代、徹底して勉強させられたのが、「数量管理」でした。毎日売れた商品の統計をとります。一か月の販売数を数…

数が質に変わる(その一)

私は大学で経営学を専攻、ゼミは会計学、卒論テーマは“TOB(テイク・オーバー・ビット)”でした。今でこそ誰もが知っているTOBですが、当時、今から35年ほど前はほとんどの人は知らなかったと思います。20歳後半、日本中がバブルに酔いしれていました。私は株式投…

定性的目標について

会社の場合、目標と成果が要求されるのは当然です。経済的成果もあれば「企業イメージ向上」など非計量的効果目的もあります。高レベルの場合や長期目標は、理念や信条で表現される場合もあります。それらは、方針、趣旨、行動指針という名で表現されます。…

「責任とは何?」

責任とは、「関係者から認識出来る状態で意思決定を基軸とした行動を行い、その成果を関係者に事象として示すこと」である。責任を果たすとは、「意志決定した事項に対して成果を示すこと」である。責任を取るとは、「意志決定に対して身体を始め、応報する…

スパン・オブ・コントロール

以前記事でスパンオブコントロールの記事を3つほど書かせていただきました。 以下の3つです。 growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com growth804.hatenablog.com

今こそ「スパン・オブ・コントロール」”(その三)

…統制限界克服した事例を紹介します(2社の社名は:P社、I社とします)… P社(元M電器産業)は、我が国で最初の事業部制(分散化)を導入した会社です。そのM社が伝統ある事業部制を廃止し、子会社のM電工まで合併して資源を集中して改革を実施し成功をおさめま…

メンタルケアの社会的実情(その一)

皆さんの周りには、悩んでいる人が沢山おられます。まず、そのことを知る必要があります。その問題は様々です。本人自身も周りもきづかないのです。というか本当は分らないのです。だからと言って、その問題を解決しようと思い、何で悩んでいる?辛い?悲し…

トップの意思は伝わらないものだと悟ること

トップの意思はなかなか伝わらないと思うべきです。トップと社員の間にはどうしても壁ができます。これは当たり前で仕方のないことなのです。また、トップからの伝達事項を伝えていく者の知識理解度や表現方法により、事実は、全く異なった情報として伝わる…

粉飾をしない

当然のことですが、一度粉飾をすると、それを隠すためにまた数値を改竄することになります。東芝ががその良い例です(新聞やマスコミは東芝問題を、粉飾決算でなく不適切会計と言っていますが、日経ビジネスは粉飾決算と言っています)改竄を繰り返すごとに…

脇の甘さ

トップとは、一番高いところにいる人です。高い位置にいるから、人や物事の全てが見えているかと思うと決してそうでない場合が多いです。 足元が見えていないトップが多いのも気になる点です。近くにいる者を軽視し、遠くにいる者が良く見える傾向もあるよう…

“常のトップが正しいとは限らない”

松下幸之助さんの話に、「私は、学歴がないから大学出の人に手伝ってもらった。体が弱かったから体の丈夫な人に来てもらった」という話があります。補完の関係、分業の関係です。 血族・親族による経営は、日本のみならず欧米においても多いです。それは、経…

教育は最大の福祉なり

『社員に対する最大の、そして最終の福祉は、能力開発だ』と考えている会社があります。 …考え方… 「まず、能力を伸ばすことで、その能力に応じた報酬が得られる。また、社会的な変化に対応する能力を身につけることは、生きていくために必要な条件である。…