読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「教育」と「訓練」の違い

健康やスポーツの為に身体を鍛えることとはよく知られています。近くのスポーツクラブへ行けば、月1万円も出せば、身体を鍛えるためのあらゆる用具を、好きな時に使用することができます。しかし、アタマを鍛えるとなると、家の近くにはそんな場所はありませ…

私が参加している“経営塾で聞いた話です

…23.私が参加している“経営塾で聞いた話です”… 地方のある建設会社の話です。A氏は、会社を一代で工務店から地方の中堅建設会社にしました。年商は80億円。社員も60名になりました。後継者の息子を社長にし、自分は会長になりました。従業員は、ここ数年で…

“『公』と『私』について”

私は、大学卒業して大手流通企業に就職しました。新入社員の時、教育で「店は客の為にある」と教えられました。これは、商業の指導者・倉本長治先生の教えです。実は当時は、その意味がわかりませんでした。深遠な、『哲学用語』です。 みなさん、「店」と「…

“人の活用について”

安倍晋三総理は、成長戦略の一つに女性の活用を盛んにアピールしています。女性大臣、女性…とこだわることに私は違和感を覚えます。先進企業のなかには、30年ほど前から大卒女子を大量採用してきた企業も沢山あります。本来、社員を採用するのに男性も女性も…

働く者の心構え”について

一口で言えば大変難しいことですが、前述したようなトップにしないことです。トップとて人間です。人間は弱いものです。間違うこともあります。しかし、尊敬、信頼できるトップになってもらわなくては困ります。 ある意味では、働く者がトップを作るのです。…

“経営者と管理者の違いとは?”

(今回も個人的考えです。もし、参考になれば…) 「己の蓄財に頭がいったら経営を辞めよ!」という言葉があります。 つまり、己個人を優先させるのではなく、組織を優先させろということです。ここに経営者と管理者の決定的な違いがあります。 経営者個人は、…

“苦情の対処方法”

今回は“苦情の対処方法”について私の考えお話したいと思います。苦情の対処方法としていえることは、第一に、どのような苦情でも、苦情の全てが上に伝わる仕組みをつくることです。次に、どうしても、責任者が行かなければならない苦情の場合は、代行者を立…

“苦情は宝の山”

“苦情は宝の山”について私の考えお話したいと思います。苦情は企業とお客様との間にある一定の期待、約束に対し、ギャップが表面化した時に起きるものです。 問題が大きい場合は、企業の社会的責任まで発展します。例えば、一部上場企業が、堂々と有害物質を…

縦糸の知・横糸の情

私が尊敬している某企業の人事役員から聞いた話です。当然、その会社では実践しています。 『縦糸に、知性・論理・知識・客観性を持ち、横糸に情念・感情・直観・感性を持ちなさい。』 その役員は、縦糸も横糸もいずれも強烈で強い、妥協を許さない人でした…

ものの見方の3原則

ものの見方の3原則というのがあります。これは、安岡正篤という思想家が言った言葉ですが、意味は下記のようになります。 「根源的・長期的・多面的に見る」 第一に、ものは表面的に見るのと、根源的、本質的にみるのでは大きな違いがあります。見方によっ…

働く者の心構え

“働く者の心構え”について私の考えお話したいと思います。一口で言えば大変難しいことですが、前回のブログで書いたようなトップにしないことです。トップとて人間です。人間は弱いものです。間違うこともあります。しかし、尊敬、信頼できるトップになって…

どのような会社が伸びるのか????

「自立」するとは、職業的に、精神的に、経済的に自立することです。この3つが揃って初めて「自立」するといいます。 「自律」とは、自分自身をコントロールすることで、事の良し悪しの峻別、他からの働きかけではなく、自分自身の自発創造活動です。これが…

組織~人に合わせて作る~

組織とは分業が前提です.また、人が2人寄れば、組織が必要となります。誰にそれを担当させ、それに伴う権限・責任・責務を誰が負うかを決める必要があるからです。これが、組織つくりの出発点です。ところが、企業規模が大きくなり、組織が大きくなると組織…

目標の管理 方法・考え方 3

“目標設定の仕方”についてわたし自身の経験から話します。 目標設定ですが、上位下達、いわゆるトップダウンの一方通行だけではその効果は全くないといっても過言ではありません。上位(トップ)目標を示し、下位部署、個人から目標を設定させなければなりませ…

目標の管理 方法・考え方 2

会社の場合、目標と成果が要求されるのは当然です。 経済的成果もあれば「企業イメージ向上」など非計量的効果目的もあります。高レベルの場合や長期目標は、理念や信条で表現される場合もあります。それらは、方針、趣旨、行動指針という名で表現されます。…

目標の管理 方法・考え方 1

計画とは未来に対する決定である個人においても、会社経営においても、計画は物事の始まりです。 計画とは???? 目標やビジョンをより具体的に全貌を俯瞰・表現したものです。 例えば、 槍ケ岳に登る!という目標があります。時期をどうするかによって、…