読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高倉健さんの最敬礼

高倉健さんの最敬礼

高倉健インタヴィーズ』プレジデント社より抜粋

…ある時「高倉健氏を語る」という事で友人達が集まりました。

高倉健氏に会って仕事をした経験のA君が、しゃべり始めました。

以前撮影現場にいたんです。RKB毎日(TV局)で、ディレクター補佐のバイトをしていました。勉強が面白くなく大学を中退し、将来はどうしようかと悩んでいました。ある番組のロケが始まった日のことです。

『お前、高倉さんをホテルまで迎えに行け』と、リーダーから命令されました。

≪えっ≫と、思いました。

≪ひとりじゃ嫌だなあ。周りにお付きの人が、たくさんいるだろうし、無作法をして怒られたらどうしよう≫と心配しました。

ホテルに行って、1階のエレベーター前で、お待ちしていたんです。

すると、ドアが開くと、あの大スターの高倉健さんが、たったひとりでエレベーターから降りて来られたのです。

呆然としていたら、私のそばに来られて『高倉です。よろしくお願いします』

と、礼をされたのです

それも直角です。90度の角度です。

あわてて、私(A君)が『ムニョムニョ』と言いながら、何となく頭を下げたら、高倉さんは不動の姿勢で下を向いておられます びっくりしました。

 こういう人が本当の大人だ と感じました。  

マネージャーも付き人もいませんでした。

たった一人で博多に来られて、ホテルも一人。

ロケの間もひとりで立っておられました。

絶対に腰を下ろさない。

何の文句も言わない。

オレ達バイトには気を配って、飲み物とか食べ物をくれる。

衝撃でしたねえ。

世の中には、≪立派な大人がいるんだ≫と思いました。  

だって、二十歳かそこらの何もわからないガキに対して、最敬礼をして、ちゃんと尊重してくれる。

そんな人いないです。

バイト仲間とは、あの頃

『大人になったら高倉健みたいになりたい』

と話しました。

≪いつの日か、立派な大人になるんだ≫と互いに誓いました。

 更にA君が言いました。

『でも、すぐにはなれなかったなあ。虚勢を張っていました。自分に自信がなかったから、人に頭を下げることができなかった。でも、ある日、ふと高倉さんの最敬を思い出して、≪一からやり直そう≫と決めたんです。

それ以来、私は変わりました。

友人の父親がやっていた会社に入りました。

年下の部下にこき使われながらも、一切、文句を言わないように努めました。

そして人に会った時には、最敬礼することにしました。  

年下のアルバイトや、パートの従業員も大切にしました。

態度のデカイ取引先に、カットなったことはあったけれど、高倉さんの我慢を思い出して、じっと耐えました。

そのうちに働きが認められ、社長から

『関係会社の経営を立て直してくれ』と命令されました。

 そして私は10年経って、会社を公開させることができました

更にA君は言いました。

高倉さんにお目にかかることは一生ないでしょう。

でもあのお辞儀を見ていなかったら、自分はこうはならなかった。

高倉さんのお蔭だと思う。

だから、作品はどんなものでも全部見ますと。           

高倉健さんは、1931年生まれ。80歳を超えてもジョギングをし、声を出す訓練をやっているという。

彼は、私生活についてはほとんど語らない。

「映画以外のところでどんなに熱演してみせても何の意味もない」

と思っているからだ。  

映画で共演した、歌手の宇崎竜童氏は、高倉健さんのことをこう語る。

「ささいなことですけど、高倉さんはしっかりと挨拶されますね。打ち合わせで事務所に見えた時、部屋に入る時は『おはようございます』  

うちのペーペーの新入社員がコーヒーを出した時にも、『ありがとう

食事をする時も『いただきます』・・。

その時の立ち居振る舞いは、すごく美しくみえます (同書より)
‥‥‥・・・・・・・・・

高倉健さんは、撮影の間中、一度も座らないと言いいます。

自らを厳しく律しているからです。

大スターでありながら、決して偉ぶらないし、おごらない。  

真の大人は、多くの人に大きな影響を与えるこのできる人であると思いました。