読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東日本大震災から5年(全8編)その2「新垣満さんの話」

この曲は、災害、事故、病気、その他の理由で亡くなった人の遺族にとって、とても癒される曲です。

身近な家族の一員が無くなるというのはとても悲しい出来事です。

しかし、「いつも近くで温かく見守っているから、いつまでも悲嘆にくれずに、前向きに生きていていきなない」

と、励まされる曲でもあります。

この前向きなイメージが伝わるのは、作詞作曲家「新井満」さんの、人生観から来ているようです。

沖縄・読谷村(よみたんそん)出身の盲目のテノール歌手・新井満さんにまつわる話が、英語の教科書に取り上げられています。

障害を乗り越えて歌手になった生い立ちを紹介し、モットーである

「ナンバーワン(1番)にではなく、オンリーワン(唯一のもの)になろう」

という言葉が、生徒たちへのメッセージです。

教科書に取り上げられたことについて、新垣さんは

「自分にしかない魅力や、自分らしさを大切にすることの大切さを今の中学生に伝えたい」と話しています。

目が見えない自身の境遇を恨んでいた14歳の少年が、

ある日、ラジオから流れてきた讃美歌を聴き、

これをきっかけに周囲の人に支えられながら、

歌と共に成長していく様を描いています。

全国を回ってコンサートを開き、その歌声と生き方で多くの人を感動させている新垣さん

「自分の生い立ちをマイナスにとらえ、自分自身を恨んでいたが、

沢山の人と出会い力をもらってここまできた。

自分を大切にすることが他の人も大切にし、平和の一番根っこの部分にもつながる。

命の有難さ、人と人とのつながりを考えるきっかけになれば嬉しい」と話した。

この曲を聴いていて、思いだす詩があります。

明日は、金子みすずさんの詩で、「繭(まゆ)と墓」を紹介します。

………………

金子みすずさんは、大正時代の末期に、彗星の如く登場し、悲運の果てに若くして自殺した天才女流詩人です。

彼女は子供達や宇宙の成り立ちを優しい詩の言葉に託し、大切な心のありかを詠っています。

………

「繭(まゆ)と墓」

蚕(かいこ)は繭(まゆ)に はいります、

きゅうくつそうな あの繭に。

けれど 蚕は うれしかろ、

蝶々に なって 飛べるのよ。

 

人は お墓へ はいります、

暗い さみしい あの墓(はか)・・・・・

‥‥

それでは、みなさん 楽しい週末を 「キュ」