読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供が生まれてきた時のこと(全3編)その2

 

合宿も終盤に入り、体力的にも精神的にも限界がきて、

「もうダメだ」と生徒たちが音を上げようとするその時です。

あのお母さんからの手紙を、サプライズプレゼントとして、

生徒一人ひとり」に渡すのです。

手紙を読んだ子供達の目からは、大粒の涙がポロポロこぼれ、彼らは号泣するのです。先生も涙を流します。

 お母さん達のメッセージには「がんばれ!」などという言葉は一言もありません。「あなたが幸せならそれでいいの」

「いつでも帰ってきていいからね」

「こんな遠い場所にあなたが行って、お母さんは胸が締め付けられるような思いです」「ずっとお母さんの子供でいてね」

……………

先生は生徒に「どうだ、帰るか?」と聞くのですが、子供達は泣いたあと、

「先生、やります!」と言って、自らペンを握り始めます。

そんな変化をした生徒に、先生は語りかけます。

「そうか、でもその前に、この手紙を読んでどう思った?」

「感謝しています」

「それじゃ勉強する前に、今、心が熱いうちにお父さん、お母さんに返事を書きなさい」

…………

生徒達は、感謝の手紙を先生に渡して、無事に合格を乗り切るのです。

その生徒達の手紙には・・・

「生んでくれてありがとう」

「育ててくれてありがとう」

「褒めてくれてありがとう」

「叱ってくれてありがとう」

「学校に行かせてくれてありがとう」

「一緒にいてくれてありがとう」

「お父さんとお母さんの子供でよかった」

「本当にありがとう」

 

子供達の手紙は「ありがとう」の言葉で溢れているのです。

何度も何度も「ありがとう」が出てくるのです。

『涙の数だけ大きくなれる!』フォレスト出版

 

明日は(その3)はここから、始まります。

子供が生まれてきた時のことは、親ならみな覚えている。

特に、母親の記憶は鮮明だ。

どんなに嬉しく、ホッとしたことか。

そして、名前を付ける。

その何字かの名前に思いを込めて・・・・

 

※今週の日曜日と月曜日、投稿をお休みさせて頂きたく存じます。

 この3連休、関東ー静岡に用事で出かけるものですから、

 大変自分勝手で申し訳ございませんがどうかご理解下さいませ。

 明日は、いつもの通り投稿いたします

 みなさん、素敵な1日をお過ごしくださいませ。

 それでは、 「キュ」