読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供が生まれてきた時のこと(全3編)その3

子供が生まれてきた時のことは、親ならみな覚えてる。

特に、母親の記憶は鮮明だ。

どんなに嬉しく、ホッとしたことか。

そして、名前を付ける。

その何字かの名前に思いを込めて。

何日も何日も、ああでもない、こうでもないと考える。

こんなふうに育って欲しい。

こんな気持ちの子供であってくれたら、と。

生まれた時は、健康で、明るく育ってくれるだけでいい。

と思ってきたのに、大きくなるにつれて欲がでる。

もっと、勉強ができれば、もう少し我慢があったら、

ぐずぐずしないでさっさと動いてくれたら・・・。

…………

でも、生まれた時は、ただただ、健康で無事に育ってくれればいい、と願ったはず。

もう一度、子供が生まれた時のことを思い出してみたい。

あれこれ要求するのを止めて、

子供に「あなたが生まれてきてくれて、どんなに幸せか」と伝えた時、

子供も、親に、「ありがとう」と感謝の気持ちが芽生えるのかもしれない。

‥‥‥‥‥

※自分勝手で申し訳ございません。明日、明後日はお休みさせて頂き

 次、お会いするのは来週火曜日の朝となります。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

こんなとことから始めます。

カメは、前にしか進めない。

カメのひざは、前に曲がっているために、後ろに進むことが出来ないのである。

その点、人間は骨や関節が複雑に出来ていて、色々な方向に動くことが出来る。

「人生」という長い見地から考えると・・・・・・

特にタイトルはありません。

閑話休題…カメは後退できない とでも

みなさん、素敵な3連休をお過ごしくださいませ

それでは  「キュ」