読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

靴の中に小石が(全2編)その1

「生きる正しい法を知って生きていたら、人生くらい愉快な、

人生くらい恵まれた、人生くらいありがたいものはないのです」                             

 ―中村天風(「成功の実現より」)

クツの中に、小石が入っていると、とても履き心地が悪いですよね。

小さ過ぎたり大き過ぎたりするクツを履いているのも、歩きにくいものです。

その状態を何とかしたいのなら、クツを脱いで小石を取り除くか、

自分の足に合うに履き替えるしかありません。

間違っても、小石入りの靴を履いたまま、

履き心地の悪さを改善してくれるところはないか、

誰か直してくれる人はいないかと、探して歩き回る人はいませんよね。

或いは、靴のサイズに合うように、自分の足を小さくしたり、

大きくしたりしようと頑張る人だって、いないでしょう。

‥‥‥‥

仕事や人間関係でのトラブル。

改善したいと思っている悪習。

いつも抱え込んでいるストレス源。

そんな、邪魔な小石が入っていたり、自分には合わないクツは、

無理をしないで、さっさと脱いで要らないものを捨て去るか、

新しい靴に履き替えましょう。

それが、一番てっとり早くて、確実に楽になる方法ですから。

‥‥‥‥‥

手が入るくらいの大きな箱に、ひよこが何匹か入っています。

穴から手を入れて、ヒヨコを捕まえたいと思っています。

そんなとき、「絶対に掴んでやるぞ!」と意気込んで、

やたらに手を振り回したりしてたら、

ひよこは、どんどん逃げていくだけです。

じっと待ちかまえて、近づいたら捕まえてやろうと狙っていても、

そんな気配を察知して、やっぱりひよこは近づいてこないでしょう。

勿論、手を入れずにただ見守っていれば、

ひよこは、近くに来て自由に遊ぶでしょうが、

それでは何時まで経っても、捕まえることは出来ません。

そんな時には、「ひよこを捕まえよう」という気持ちを捨てて、

「ひよこが大好きだ」と思ってみることです。

そんなふうに、暖かい気持ちを心を開いて待っていると、

きっと何時かは、ヒヨコが手の中に入ってくるでしょう。

明日(その2)は、ここからです。

『夢』『幸福』『愛』も同じだと思うのです。・・・・

‥‥‥

皆さま、何時も、読んで下さりありがとうございます(人''▽`)

今日も素敵な一日をお過ごし下さいませ。 「キュ」