読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクバルとビルバル(全3話)その2

だからビルバルは、皇帝が書いた線の横に、

もっと長い線を引いたのです。それが正解なのです。

日常生活や経営に於いても、

絶対の世界と相対の世界があります。

例えば、売り上げや、利益、社員数等、

定量化できるものは全て相対の世界です。

他社との比較も、過去のと比較においても上を目指しています。

しかし、相対的なものだけを基準に経営していては、

いつまでも不安や恐怖から逃げることは出来ません。

他の人よりも、

他の家よりも、

といった考えも相対的なもので、

どこかに達成できない不安感につきまとわれています。

アクバルの回答は、聞けば「何だ、そんなことか」という事ですが、

聞くまでは、何だろうと考えてしまいます。

一寸したことですがが気付かない事が多いですね。

……………

明日(その2)は、逸話その2「ウソとホントの差は9cm」です。

アクバル王「ウソと真実はどれほど違うのか?」

ビルバル「9cmの差がございます」‥‥

みな様へ

この「9cm」というのは、どことどこの間の距離なのでしょうか?

‥‥‥‥

今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。

それでは、みな様、 「キュ」