読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由な心(全3話)その1

「遠くて近きもの。極楽、船の道、人の仲」清少納言枕草子より)

ある日、白隠禅師のところに、たいそう立派な武将が訪ねてきて、

こんなことを問いました。

白隠殿、天国と地獄は本当にあるのでしょうかな?またあるとしたら、どこにあるのか教えてはくださらぬか?」

すると白隠は、いきなり大笑いを始めたということです。

「はっはっはっ!身なりだけは立派なようじゃが、そんなこともわからんとは、本当に間抜けじゃのう!」

…………

それを聞いた武将は顔を真っ赤にして激怒しました。

「この無礼者めが!叩き切ってくれるわ!」

そう怒鳴るなり、腰の刀を抜いて白隠に振りかざします。

白隠は、武将から逃げ回りながら言いました。

「それそれ、それが地獄じゃ!地獄の門が開かれたぞ!」

はっと、気がついた武将は、深く感じ入り、

「なるほど、そういうことなのか。地獄とは己自身の心が創り出すもの。

ものの本質を見ようとせずに、ただ己の心の状態に振り回されていることなのですな。

いや。これはありがたい・・」

と言いながら、深々と白隠に頭を下げたということです。

すかさず白隠はこう言います。「ほれほれ、極楽の門が開かれましたぞ

明日(その2)はここからです。

この世界は、私達のためだけに作られたものではありません。

「こうあって、くれたらいいのに」といくら強く思っていても、

この世の全てのものや人が、自分に合わせてくれるものではありません。

だから、生きていく上では、色々な嫌なことにも出会います。・・・

(本当は、この世界は、私達のために用意されたものだとも言えますが、今はそう考えてみて下さい)

‥‥‥

それでは、今日も素敵な一日を…「キュ」