読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由な心(全3話)その2

この世界は、私達のためだけに作られたものではありません。

「こうあって、くれたらいいのに」といくら強く思っていても、

この世の全てのものや人が、自分に合わせてくれるものではありません。

だから、生きていく上では、色々な嫌なことにも出会います。

※本当はこの世界は、私達の為に用意されたものだとも言えますが、今はそう考えてみて下さい

時には、嫌いなタイプの人や、

苦手な人とも一緒にいなければならないこともあるでしょう。

関係の薄い人なら、敬遠しておくことも出来ますが、

それが会社の上司だったり、嫁姑だったりすることも往々にあります。

そんな時に、その関係を何とかしようとして、

相手を好きになろうと努力してみても、なかなか上手くはいかないようです。

中には、どうがんばっても、好きになれない人もいますよね。

だったら、相手を嫌いなままでも、いいのではないでしょうか。

「好きにならなければならない

そんな思い込みから自由になってみた方が、よっぽど楽になれるようです。

心は、そんなに器用ではないのです。

嫌いなものは、嫌いだ、ということはどうしようもないのです。

そのどうしようもない心に、振り回されていては、

嫌いな人に会うたびに、地獄の門が開かれることになってしまいます。

ところが、その心をうまく操縦することが出来れば、

私達は、いつでも極楽の門を開くことができるのです。

‥‥‥‥

明日(その3)はここから、まとめです。

嫌いな人と一緒に仕事をするのなら、

無理して相手を好きになろうとするよりも、

「嫌いだけど、これは自分の仕事で、

相手と共存しなくてはならないからするのだ」

と割り切ってみては如何でしょうか・・・

それでは皆様、今日も素敵な一日を、 「キュ」