読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感動する色々な家族像(その2)

「父親の宝物」

三年前に親父が死んだんだけど、

ほとんど遺産を整理し終えた後に、

親父が大事にしていた金庫があったんだよ、

うちは三人兄弟なんだけど、お袋も死んでしまい、

誰もその金庫の中身を知らなくてさ・・。

取りあえず、兄弟家族みんな呼んで、その金庫を開けるようにした。

だけど、これがまた頑丈で、なかなか開かないんだよ。

仕方ないから鍵屋を呼んで、開けて貰うことにしたのだ。

ところがその金庫が、なかなか開かなくてさ、

何となく俺たちは子供の頃の話を始めたんだよ。

親父は、昔からすごい厳格で、子供の前で笑ったことも一度もなくて、旅行なんてほんと行かなかった。

子育ても、お袋に任せっきりで、ガキの頃は、マジで親父に殺意を覚えたぐらいであった。

そういうわけだから、一番下の弟が、

「しこたま溜め込んでいるんじゃねえか?」

みたいなことを言い出した。

その後に、真中の弟も、親父が夜中に金庫の前で、

ニヤニヤしながら、ガサガサやっていたのを見たとか、

言ったから、俺もかなり金庫の中身に期待を抱いちゃったんだ。

……………

その時、鍵屋がちょうど「カギ、開きましたよ」と言った。

ワクワクしながら、金庫の前に行き、長男の俺が金このドアを開けたのである。

そしたら、古びた100点満点のテストなんだ。

それを見た一番下の弟が「これ、俺のだ!」と言って俺から取上げたんだよ。

弟はしげしげと、テストを見ていた。

次に出てきたのは、何かの表彰状。

すると次男が「俺のだ!」と言いだして、その後にネクタイが出てきた。

見覚えがあるなあと思って、気がついて叫んじゃった。

「あ、これ俺が初めての給料で、親父に買ってやったネクタイだ!」

…………・

その後に、次々と昔の品物が出てきて、最後に黒い小箱が出て来たんだよ。

その中には、子供の頃に、家の前で、家族全員で撮った、

古い写真が一枚出て来たんだ。

それを見た俺の嫁さんが、泣きだしちゃってさ、

その後に、みんなも、なんだか泣きだしちゃったのだ。

……………・

俺も最初は、何でこんなものが、金庫の中にあるのかがわからなかったため、

「なんだよ、金目のものがねーじゃん」とか思って、

ちょっと鬱になっていたんだけれど、少し経って、

中に入っていた物の意味が、理解できた時、その写真を持ちながら肩震わして泣いちゃったんだ。

人前で初めて号泣しちゃったよ。

そこで鍵屋が、気まずそうに「あの、私そろそろ戻ります」とか言ったんで、

みんなが、はっとして、涙をにじませながら「ありがとうございました」と言った。

この時、俺は

「親父が、どんなに俺達のことを想っていてくれたか」と感動した。

さっきまでの自分が、金目当てで金庫を開けようとしたこと、

子供の頃に親父に反感を抱き、喧嘩ばっかりしたことが、

恥ずかしくて仕方なかった。

親父は、金より本当に大事な物を、残してくれた。

・・・・・・・

明日(第3話)はここからです。「彼の携帯」

私と彼と最初に会ったのは、会社の懇談会だった。

ふとしたことから一緒に遊ぶようになり、付き合い始めた。

私は、元々打たれ弱い性格だったので、彼に愚痴ってしまうことが多かった。

でも、彼はそんな私にいやな顔一つせずに、

優しい言葉を掛けてくてたり、励ましてくれていた・・・

それでは、また 明日お会いしましょう! 「キュ」