読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世の中はここより他になかりけり(全2編)その2

『魂をゆさぶる禅の名言』双葉社より

玄峰(げんほう)老師がいつも口にしていた言葉が、

この「世の中はここよりほかになかりけり」である。

静岡県の三島市に、山岡鉄舟が通ったという、

白隠禅師ゆかりの名刹、竜沢寺(りゅうたくじ)がある。

しかし、戦後荒れ果て無住の寺のようになってしまったのを、

歴代首相も訪れる寺として、立て直したのが山本玄峰老師。

終戦の天皇陛下のお言葉

「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」という文言も

玄峰老師の進言によるという。

玄峰老師は、和歌山県の紀ノ川に、捨て子として捨てられていたが、

その後、寺の住職に助けられ、禅の道に進んだ。

・・・・・・・・・・・

 「放たれたところで起き上がる小法師(こぼし)かな」

人生には時として、思わぬアクシデントが起こり、

試練や苦難がやってきます。

しかし我々は、どんな状況になろうと、

起き上がり小法師のように、

放り投げられたところで、起き上がるしかないのです。

・・・・・・

また、どんな預言者であっても、

明日はどうなるのか、

それどころか一瞬先がどうなるのかさえ分かりません。

人生は、「即今(そっこん)」

今しかないと思い定め、くよくよ心配せず、この瞬間を懸命に生きたい。

…………

明日はこのタイトル『良いところを見ませんか』

その1はここから始まります。

「とても面白いから、絶対に見た方がいいよ」

と、友人に誘われて映画を見に行きました。

その友人は、ストーリーのタネ明かしをしない程度に

どんなところが楽しいのかとか、

こんな興味深いシーンがあるよとか、

事細かく教えてくれたのです。

観にいって大正解でした。

友人が言ったとおり、見どころがいっぱいで

最後まで楽しみ事ができました。ところが…

・・・

今日は法事で大阪の高槻に87歳の母親と行ってきました。

五月晴れに恵まれたのですが、思った以上に気温が高く、

母親は疲れた様子でした。

それでは、みなさま、暑さに負けず 「キュ」