読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常若(とこわか)(全3編)その2

お伊勢さまに

お神楽(かぐら)を奉納すると、

神楽殿で、専属の楽師による雅楽と、

舞女(まいひめ)の倭舞(やまとまい)、

男の舞人による剣を身にまとっての

人長舞(にんじょうまい)を見ることができます。

営々と続く日本伝統美がそこにはあります。

神宮でのお祭りは

年間で実に1500回に及ぶといいます。

毎朝、古式に則っとり木の棒をまわして火をおこす。

神様への食事は日に2回。

このお供えが、営々と続いている。

神宮に携わる神職は200人を超え、

関係者を入れれば500人以上にはなる。

その一人一人がエスキパートです。

それは、神様にお供えするお供物や祭器を

すべて自前で作るからです。

お塩、お米、お酒、野菜や果物、素焼の土器つくり…

・・・

それらを担当する専門の神官がいます。

もちろん、雅楽も舞いも。

機織(はらおり)も

装束(しょうぞく)製作も、建築も。

現代では、神職以外に、

経理、財務、山林管理の職にある人も、

全ての専門職が祭事には装束を着て参加しています。

・・・

以前、伊勢神宮神職の方の講演をうかがったことがあります。

その中で、海の正倉院の方の講演をうかがったことがあります。

その中で、海の正倉院といわれる、

九州の沖の島にある

宗像大社(むなかたたいしゃ)の話が感動的でした。

神の島として長い間、

一般の立ち入りが禁止されていたため、

1954年に初めて祭祀遺跡(さいしいせき)の学術調査が行われたそうです。

その時に出土したのが、

約12万点以上の祭祀遺品。

しかし、その使い方や、名前がわかりません。

そこで、伊勢神宮に問い合わせがきました。

その結果、殆どの祭祀遺品が判明したそうです。

1200前の出土品の使い方や、

名前が分かるところは、

世界中どこを探してもない。

遺物が出土しても、

その使い方のマニュアルや、

操作方法など、

一緒に埋まっているはずがないからです。

しかし、1200年前の、沖の島出土品が、

そっくりそのまま伊勢神宮では、

今も使われているということです。

技術の伝承は、20年が限度と言われます。

例えば、若い人が20歳、

その上の親方が40歳、

その上の親方が60歳という年齢構成だと、

技術は廃れずに継承することになる。

・・・

明日の最終回(その3)はここからです。

第62回(平成25年)のご遷宮には、

およそ500億円以上のお金がかかったそうです。

国からの援助はありません。

しかし、一見無駄の様に思える

20年ごとのご遷宮が日本人の叡智と、

技術の伝承を守ってきたのです。

だから、日本のルーツであり、

DNAである伊勢神宮を守っていくことは

歴史や伝統といった、

日本そのものを守ることでもあります・・・

・・・

昨日、私用で近鉄電車で四日市駅から津駅まで

行ってきました。なんと電車1車両に6人ずつ

警察官が配置されていました。

私が乗った車両には

石川県警の警察官でした。

とにかく物々しい・・・今の三重県です。

・・

それでは、みなさま 今日も素敵な一を・・「キュ」