読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様の庭から(全3編)その1

ある時、

神様がお世話をしている庭園に入ってみると、

神様が植え育てられた草木達が、

今にも枯れそうにしおれている姿を見ました。

このところ、雨も適当に降っており、

太陽も燦燦と輝いているのに、

どうしたことなのでしょう。

・・・・・・

驚いた神様は、

あわててその訳を、木々や草花に尋ねました。

すると、ツツジ

「私は松のように、もっと背が高くなりたいと望んでいるのです。松の木のように、大空高くぐんぐん伸び、左右にも格好よく枝を張りたいものです。それが出来ません」

と、元気なく答えました。

松の木は、

「私は、ただ大きく伸びて、季節に関係なく緑の葉を広げているだけです。葡萄の様に甘い実を、沢山結びたいのです。実が出来るとか、葉の色が変化して行くような気になりたいのです」と悲しんでいました。

葡萄の木「私の枝は、くねくねと左右に広がっています。のようにもっとカッコよく、真っすぐに立ちたいのです。そして多くの仲間と一緒になって、防風林の役割をして世の中に、貢献したいのです」と不満をもらしていました。

庭の全ての木々が、他の木々と比較して、

自分の良さに着目する事無く、

自分には無い特徴を欲しがっていたのです

そんな中、更に庭の奥へ歩いていくと、

最後に神様は、

路肩で小さな花をつけているスミレを見つけました

このスミレだけは、不思議に元気よく、

キラキラと輝いて花を咲かせているのでした。

神様は嬉しくなって、スミレに話しかけました。

「やあ、スミレ、お前だけは元気でいてくれて嬉しいよ。

何か言いたいことは無いかい?」

スミレは答えました。

「はい、私は取るに足らぬ小さな花ですけれど、

神様は、小さなスミレの花を見たくて、

私を植えて下さり、

最高のお世話をして下さっています。

私は、私に頂いた恵みを大切にして、

スミレであることを喜び誇りながら、

花を咲かせて行こうと思うからです。

・・・

明日(その2)はここからです。

ここまで読まれて如何でしょうか?

この話から感じたことを、

スミレさんの言葉として続けてみます。

スミレさんの言葉の続きです。 

「これまで色々ありましたが、私はスミレとして、生まれてきてよかったです。私は、さんのように背がたかくありません。葡萄さんのように、みんなが喜ぶ甘い実もつけません。さんのように、まっすぐ立つこともできません。道端のすみっこの地面すれすれに目立たずにいると、時々踏んづけられることがあります。痛い思いをしても、ほとんど気付かれないので、謝ってくれる人も慰めてくれる人もいません。以前は、そんな自分を哀れに思うこともありました。嫌に思うこともありました。でも、私は私以外のものにはなれないことに気づいたのです。・・・

・・・

それでは みなさま 今日も 素敵な一日を…

生かされていることに 感謝しながら 「キュ!」