読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神様の庭から(全3編)その3

私が花を咲かせると、

喜んでくれる人がいるのも嬉しいことです。

私にしか咲かせることのできない花だということも、わかってきました

ときには、私のかたわらで足を止めて

ひと休みする人もいて、

びっくりすることもあります。

「山路来て 何やらゆかし すみれ草」松尾芭蕉

なんて、句を詠む人もいました。

私も誰かの役に立っているんですね。

私はスミレに生まれてきて幸せです。

弱くても小さくても、

自分の置かれた場で、

私なりに一生懸命がんばって花を咲かせます。

きれいな花をさかせます!

・・・・・

申し上げるまでも無く、

私達一人ひとりは、他の人とは違います。

ただ一人の存在として生まれてきました。

それだけに一人ひとりの尊厳さを持っています。

人は他人とは違うゆえに

弱さを感じる時があっても、

その弱さの中に神さまの恵みは発揮されます。

あなたがあなたとして生きるために、

十分な恵みが注がれます。

あなたも自分の花を咲かせることができます。

(終わり)

・・・・・

西ドイツの童話作家ミヒャエル・エンデ

『モモ』という童話があります。

イタリア・ローマを思わせるとある街に現れた

「時間貯蓄銀行

と称する灰色の男達によって

人々から時間が盗まれてしまい、

皆の心から余裕が消えてしまいます。

しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、

その人自身を取り戻させてくれる

不思議な力を持つモモが、

冒険の中で奪われた時間を取り戻すというストーリーです。

タイトルは「早くしなさい!」と「ゆとり」

にいたしました。

・・・

※明日の投稿、都合により夕方から夜にさせていただきます。

 今日大阪の実家に行き、明日自宅に戻ります。

それでは、みなさま 素敵な一日を 「キュ」