読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三つの話(全3話)3連載

(第1話)ヒツジとヤギ

川を渡るために、丸太の橋が架けられていました。

その橋は大変幅が狭いのです。

ある日のこと、二匹のヒツジが橋で会ってしまいました。

二匹ともせかせかと橋を渡り始めます。

橋は狭かったので、その二匹は、すり抜ける余地はありません。

しばらく立ち止まりました。

相手のヒツジをみて、一方は怒りだしました。

その二匹は角を突き合いぶつかり合っているうちに、二匹とも橋から転落して死んでしまいました。

別の日、今度は二匹のヤギが、先ほどの丸太橋の真ん中で会ってしまいました。

橋は狭いです。

後ろには下がれません…二匹のヤギは途方に暮れてしまい、しばらく立ち止まりました。

さて、ヤギさん、どうしたでしょうか?

・・・

一匹のヤギが、うつ伏せになって寝ました。

もう一匹のヤギの方は、理解しました。

彼は橋の上にピッタリと張り付いて寝ているヤギの背中の上に、ゆっくりと足を乗せて前に進みました。

そのヤギが行ってしまった後、もう一匹のヤギもゆっくりと起き上がり、二匹とも仲良く橋を渡りました。

・・・

「自分は正義」「自分は間違っていない」「相手が間違っているんだ!」と思う時があるかもしれません

しかし、相手にとっても自分は正義なんです!

「正義と正義は、時にぶつかり合う」のです。

自分が勝つこと、自分が得をすることばかり考えるのではなくて、

自分が踏み台になってでも、相手を尊重すること、相手の為に何ができるか?

と考え行動すること、その心が幸せですね。

明日(第2話)は、『有るべきか、無い方が良いか』です。

仏教思想家の「ひろさちやさん」は、「極楽世界はあるか否か」という質問をよく受けるそうです。

その時「あるか、ないか」を説いても、誰も行ったことも見たこともないのだから、いくら説得させようとしても無駄であります。

そうではなくて「『有るべきか、無い方が良いか』を説けば良いと悟った」と言われます。

例えば、医者が患者を手術する時、患者は助かるだろうか?

死ぬだろうか?

といった風には考えません。

患者を助けなければと考えて、一生懸命に努力するはずです。

それと同じで浄土がある無いかではではなく、「浄土はあるべきだ」と考えて信じれば、生き方が違ってくるはずだと、語っておられます。・・・