読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欽ちゃんの至誠(全2編)その1

「至誠」という言葉を大事にした人は、芸能界にもみえます。

「はい」という言葉を大切にし、幸運に恵まれた有名人がおられます。

タレントの萩本欽一さん、あの欽ちゃんです。  

お父さんの仕事がうまくいかなくなり、欽ちゃんが小学生の頃から、家はどんどん貧しくなっていきました。

中学・高校生のときは、借金で税金も払えない状態でした。  

昼間は税務署職員が来るので、一家は、夜まで家に帰ることができず、 欽ちゃんは学校が終わっても、一人で町をぶらつきました。  

そんな暗く辛い日々、夕食代をためて観た、チャップリンの映画に心を明るく慰められます。

「よし、ぼくも辛い現実を忘れさせてくれるような コメディアンになろう!」

そう、心に決めます。

「そして、お金持ちになって お母さんを楽にさせてあげよう!」

そんな夢をもつようになるのです。   

高校を卒業して、なんとか浅草の東洋劇場に、見習い修行として入れてもらいました。

ところが、欽ちゃんは、子供の頃から、すごいアガリ症で、不器用な性格の人だったのです。  

修行を始めて、3カ月たったある日のことです。

欽ちゃんを、東洋劇場に入れてくれた、演出家の緑川先生に呼ばれました。  

部屋に入ると、先生は、「欽坊、長年、この仕事をしているとな、一週間、一カ月すると将来性のあるヤツはわかる。

しかし、お前は3カ月たっても、コメディアンの雰囲気が出てこないんだ」  

欽ちゃんは、素直に「そう思います」と答えてしまいました。

「おまえは、まだ19歳になったばかりだ。別の道に進んだ方がいいぞ」

「はい」  

先生の部屋を出て、これはクビの宣告だったのだと気づき落ち込みました。

しょんぼりして、池さんという先輩に相談すると、池さんは立ち上がって出て行きました。  

明日(その2)はここからです。

2、3分して戻ってくると、池さんは言いました。

「欽坊、やめなくていいぞ」

緑川先生のところへ行って、掛け合ってくれたのです。  

その時、どんな談判があったかというと、池さんはこんなセリフで説得したそうです。  

「確かにあいつは出来が良くない。しかし、あんなに気持ちのいい返事をする男はいない。 あいつの『はい!』という元気な返事に免じて、しばらく辛抱して置いてやってくれませんか」

欽ちゃんは聞きながら、ぽろぽろ涙がこぼれたそうです・・・