読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先ず与えること(全3編)その1

ミルトン・エリクソンという有名な心理学者とあるおばあさんの実話です

ある時エリクソン博士の旅行先に お金持のおばあさんが訪ねてきました

「私はお金に不自由は全くなく、大邸宅に住んでいます。

イタリアから取り寄せた見事な家具に囲まれて、 コックが毎日、素晴らしい料理を作ってくれます。

私は庭仕事が好きでしますが、 他のことは全部メイドがやってくれます。

けれども、私ほど不幸な者はいません。

寂しくて、寂しくてたまりません」 とその人は訴えました。

エリクソン博士はその話を黙って聞いていました  

『わかりました。あなたは教会に行きますか?』

「時々行きます」  

『では、あなたが行っている教会で、 その教会に属している人のリストをもらいなさい。そのリストに誕生日を書き入れてもらいなさい』 と言いました。

『あなたは庭仕事が好きといったけれど、 園芸の中で何をするのが、一番好きですか?』

アフリカすみれを育てるのが、一番好きです。 水やりも大変ですし、そう簡単には増えません。でも私はそれが上手にできます」 と老婦人は答えました。  

『家に帰ったら、教会の人のリストを誕生日の順に並べなさい。そして、誕生日が来た人のところに、 あなたが育てた花に、きれいなカードを添えて置いてきなさい。誰にも見つからないように、そして、誰から来たかわからないようにするのですよ。これが宿題です。そのうちに、あなたが一番幸せな人になることを請け負います。 もし幸せになれなかったら、 飛行機に4時間乗って、私のところにいらっしゃい』と博士は言いました。

明日はここからです・・・

その老婦人は、心が虚ろでたまらなかったので、さっそくこれを試してみました。

博士から言われたとおりに、 今月は誰が誕生日か調べ、きれいな鉢を作りました。 

※お詫び※

ここ数日、体調を崩しみなさまからのコメントに対する返信が十分できておりません。

時間をおいて必ず返信をいたします。今後ともよろしくお願いいたします。