読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先ず与えること(全3編)その2

これが宿題です。そのうちに、あなたが一番幸せな人になることを請け負います。

もし幸せになれなかったら、 飛行機に4時間乗って、私のところにいらっしゃい』と博士は言いました。

その老婦人は、心が虚ろでたまらなかったので、さっそくこれを試してみました。

博士から言われたとおりに、 今月は誰が誕生日か調べ、きれいな鉢を作りました。.

誰にも見つからないように、 朝三時に起きてこっそり鉢を届けました。

そのうちに、そのことが町で評判になりました。

この町は素晴らしい町で、 天使が誕生日にすみれの鉢をお祝いに持って来てくれる、 という噂がたちました。  

なぜなら贈り主が分からなかったからです。

その人はエリクソン博士に電話をかけて「誰にも気づかれないで宿題は成功しています」 と報告しました。

博士は『あなたはどうですか、まだ不幸ですか』と聞きました。  

老婦人は「えっ、私が不幸だなんて・・」と答えました。  

『あなたは半年前に私のところに来て、「私ほど不幸な者はおりません。お金もあるし立派な家もあるけれど、 心の中は空っぽです」 と、私に話したではありませんか』とエリクソン博士が言いました。  

老婦人は 「そうでしたね。すっかり忘れていました」と答えました。

明日(その3)はここからです。

3ヶ月が経ってクリスマスがきました。  

クリスマスの夜に、その老婦人からエリクソン博士にまた電話がかかってきました。

「先生、今日のクリスマスほど不思議なクリスマスはありませんでした。庭師が、大きな門のそばにクリスマスツリーを飾りました。 今朝、そのツリーの下に、クリスマスプレゼントがたくさん置かれていました。 その贈り物には名前もなんにも書かれていません。でもどれも私がほしいようなものでした。 」・・・