読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5)会話の最後は…(一話完結)

口ぐせ理論というのがありますが、いい人生を送ろうと思ったら、プジティブな言葉を口にしたほうがいいと思います。

特に、季節(夏・冬)でよく使う言葉で「今日は暑い」「今日は寒い」があります。

この「暑い」の「寒い」のは、感覚ですから言っていいのです。

でも、どうせ言うのなら、最後に積極的なことを言ってみましょう。

「今日は、暑いなあ、よけい元気がでるな!」って具合に。

これは、何にでも応用できます。

熱が出た時に、「熱っぽいなあ、でも元気はいいぞ!」。

業績が悪化した時、「売上が落ちてきた、だけど必ずよくなる!」。

状況や状態は言ってもいいですが、後に続けて、否定的なことを言ってはいけません。

後に続けて、否定的なことを言ってはいけません。

「参った」、「困った」、「嫌だな」、「どうしよう」、「心配だ」、は自分の嫌な気分や、気持ちを表した言葉です。

どんなに困難なことが起きても、気持ちまで参ったり、困ってしまってはいけません。

「参った」、「困った」と何回言っても、事態は少しも良くなりません。

会話の最後は、肯定的で、明るく、愉快な言葉で締めくくりたい。

「今日は、凄く寒いなあ、よけい気が引き締まっていいぞ!」って具合に。

・・・

それでは、皆さま今夜も素敵な夢、見て下さいね。「キュ」