読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

41)あなた、どこを見て競争してんの?(♪♪♪全4編)その1

「あなたはどこを見て競争していますか?」と会社の幹部の方々にお伺いすると、ほとんどの方は、「競合他社です」とお答えになります。

以前の日本の高度経済成長の時代と違って、特に国内においては限られたシェアを奪い合う状況で、当然、他社との競争に勝つことが生き残ることに繋がります。

お客様に選ばれなくてはなりませんから、お客様に対して、最も価値の高いものを提供し続ける。

そして、それを行うためには、企業として、最大限の力を継続的に発揮する必要があります。

………

まっ、ここまでの話は当然のお話であり、誰も異論はないと思います。

しかし、実際の企業にお伺いすると、この競争が歪んだ形で起こっていることが少なくありません。

それが「社内での競争」です。

本来、社内での競争は、お互いが切磋琢磨し、共に向上する関係でなければ意味がありません。

勝った、負けたは二の次であり、本当の勝負は社外にあります。

先ほど述べたように、そのようなことは誰もが理性では十分理解しています。

しかし、目の前に居る同僚、後輩に、「負けたくない」「もっと評価されたい」という思いが、企業間競争の存在を忘れ、究極の部分最適を求めてしまうのです。

つまり、自分の部署さえ良ければ、自分のグループさえ良ければ、そして最後に、自分さえ良ければ、となってしまい、最悪の場合、仲間との足の引っ張り合いになってしまいます。

その結果、社内コミュニケーションが悪い会社が増えています。

情報を共有できない、情報を流すのが遅い、情報を全て教えない…等々自分を守ろうとする意識の表れの一つです。

しかし、そういう人に限って、「今の職場環境では、十分に仕事が機能しない!」などと、いつも愚痴を言っていたりするものです。

これらのことは、今に始まったことではありません。

企業内派閥など、昔から多くの企業で聞かれていました。

以前はそれでも企業は儲かっていたのです。

しかし、今は常に選択される時代です。

目指すべきは、社外の同業で、同じ仕事をしている人に比べ、あなたは優れているのでしょか?

そこで負けてしまうようでは、他社に負けない製品を提供できません。

・・・

おはようございます。今日も頑張っていきましょうね。

それでは 今日も宜しくお願いいたします。 「キュ」