読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

69)「早くしなさい!」と「ゆとり」(♪♪♪全2編)その1

 西ドイツの童話作家ミヒャエル・エンデの『モモ』という童話があります。

イタリア・ローマを思わせるとある街に現れた「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男達によって人々から時間が盗まれてしまい、皆の心から余裕が消えてしまいます。

しかし貧しくとも友人の話に耳を傾け、その人自身を取り戻させてくれる不思議な力を持つモモが、冒険の中で奪われた時間を取り戻すというストーリーです。

・・・・・・・・・・・・

ローマ郊外にある円形劇場の廃墟に、浮浪児の女の子のモモが住みつきます。

彼女には、人の話をよく聞いてあげるという特殊な才能が備わっています。

子供達は、学校帰りにモモの所に寄って、学校でのいやなこと、その他様々な悩み等を話しているうちに、不思議と気持ちが解放され、ゆったりとした気分で帰るようになります。

やがてその話を伝え聞いた大人達も集まるようになります。

仕事が終わって、愚痴をこぼしていくうちに、知らず、知らず心の平安を得て家に帰るのです。

・・・

ところが、モモのいる町に「時間貯蓄銀行」ができます。

モモの住む町に「時間貯蓄銀行」から灰色の銀行員の男達がやって来て、『人生の無駄使いをしないために「時間」を貯蓄して、後でたっぷり使いましょう』と言って、人々から次々に「時間」を奪っていきます。

その銀行員は、言わば時間泥棒です。

・・・

町に住む人々は、最初は喜んで自分の無駄な「時間」を貯蓄し始めます。

ある日、床屋のフ―ジーさんの所にやってきて、こう聞くのです。

「散髪にどのくらい時間をかけていますか?」

「1時間かけている」

「それはもったいない。無駄な世間話などしないで、15分で散髪すれば45分節約できます。家でお母さんの面倒を見るのも、時間のムダだからやめて、その時間を時間貯蓄銀行に貯蓄してください」といわれたフ―ジーさんは、散髪にかけていた時間を短縮し、お母さんも養老院にいれ、余った時間を銀行に入れてしまいました。

こうしてフ―ジーさんは、ありとあらゆる無駄な時間を貯蓄した結果、売上も伸びて金持ちになりますが、セカセカして怒りっぽくなります。

・・・

町の他の大人達や子供達にも、時間泥棒が働きかけます。

やがて町中の誰も、モモの所に来なくなってしまい、町には落ち着きが無くなってしまいます。そして街は灰色に・・・。

・・・

みなさま おはようございます。

今日も よろしくお願いいたします。

それでは 「キュ」