読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

84).仕事を楽しむ(♪♪♪全4編)その3

それから数週間後、休憩室の片隅に電子レンジが置かれました。

増田達は、温かい弁当を食べることが出来るようになりました。

初めて温かい弁当を食べることはできたものの、外では一度やんだ粉雪が、再び降り始めたようです。

このところ冷え込む夜が続き、水をまいても氷りと化してしまう状態でした。

同僚が言いました。

「風が吹くと氷が無くなるんだけどな」

「それは、もしかして活かせるかも」

増田は、今度は自ら進んで金田に相談することにしました。

金田に説明している最中に、同僚が後ろから口を挟みました。

「そうは言っても都合よく風は吹かないからな。巨大な扇風機でもあれば別だけど・・・」

それから数日後。パーク内に想像を絶する光景が広がりました。

数十機の業務用扇風機が各エリアに配置されているのです。

さすがに増田はびっくりして金田に尋ねました。

「あんたは、どうしてここまでやるんだ。管理者でもそこまではなかなかやれないよ」金田は答えました。

「ぼくは管理者である前に、ディズニーランドのキャストです」

「キャスト?」

「そうです。キャストのやるべきことはゲストが、安心して楽しめる環境を作ること。だから従業員はみんなここではキャストなんです」

・・・

おはようございます。今日も宜しくお願いいたします。

今日も元気にいきましょう! それでは 「キュ」