読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

105).泥かぶら(全3編)その2

果たして、「こずえ」の後ろから、父親の庄屋が竹の鞭を持ってやって来ました。

庄屋は、大切にしていた茶碗を割られたことで、怒り心頭に達していました。

父親の怒りを逃れるために、「こずえ」は、「泥かぶら」に罪を着せてしまいます。

怒り狂ったような庄屋は、娘の言うことを信じて疑いません。

「泥かぶら」を見つけると、容赦なく鞭で打って、折檻をし始めました。

「泥かぶら」は、黙ってその鞭を受けました。

………・・

何度も何度も叩かれ、ひどい言葉を浴びせられながらも、お爺さんのあの言葉を思い出しながら、「泥かぶら」は最後まで耐え忍びました。

しかし、それでも「泥かぶら」の顔は、少しもきれいになっていません。

絶望感と怒りに苛まれた「泥かぶら」が一人で泣いていた時でした。

「泥かぶら」を呼ぶ「こずえ」の声がしました。

「泥かぶら。堪忍して」そして、「こずえ」は、おずおずと自分が一番大事にしていた櫛を差し出したのです。

………・・

美しい櫛に心引かれるものの「泥かぶら」は、自分のちぢれた頭を思い出し「あたいなんか・・・だめだ」とためらいます。

「こずえ」は、そんな「泥かぶら」の頭の泥を払い、櫛で髪の毛をすいてあげて、かたわらの花を挿してあげるのでした。…

二人の間に、確かな友情が芽生えてきたのです。…

ちょうどそこへ、病気の妻のために薬草を探しにきた村の男がやってきます。

その薬草は、登るには危険な岩鼻にしかなく、男は失望していました。

「おじさん、あたい、採って来る」「泥かぶら」は、そう言って駆け出しました。

しばらくして全身傷だらけになって戻ってきた「泥かぶら」と手にした薬草を見て、男が、感謝感激したのは言うまでもありません。

「泥かぶら」の心にも、喜びが湧きあがってくるのでした。

……

それからです。

「泥かぶら」は、村の人のためになることを、次々と考えて実行していきます。

山に入って薪を拾ってきたり、子供が泣いていたら慰めてやったり、子守りをしてやったり、人の嫌がることでも、ニコニコしながら次から次にしていきます。

村人達は、たいそう喜び、「泥かぶら」も嬉しくなります。

すると、心も穏やかになっていき、あれほど醜かった表情が消えて無くなっていきました。

村人のために、労をいとわずに働く「泥かぶら」は、次第に、村人にとってかけがえのない存在になっていったのです。

・・・

※いつもありがとうございます。明日も宜しくお願いいたします。