読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.110閑話休題…生垣の意味

手入れの大変そうな生け垣が使われる理由は、何でしょうか?

阪神・淡路大震災以降、住宅の耐震性もさることながら、防・耐火性が、俄然注目されました。

類焼被害で焼失した住宅が多かったためであります。

地震が起きないまでも、近所で火事が起きるかもしれない。

そういう時、どの点に気を使った住宅なら、もらい火をしないで済むのでしょうか?

専門家によると、もっとも気を使うべき点は、建物の外壁材の種類より何より、さらに外回りを固める「外囲い」の種類だという。

そして、もっとも防火性の高い、外囲いは、生け垣だといいます。

……

こういうと、「木は燃えるだろう、コンクリートブロックの方がいいに決まっている]と異論を唱える人がいると思います。

確かに、板塀に使われる乾燥させた木は、格好の発火材です。

しかし、生垣は生きている木です。

幹にも枝にも葉にも、たっぷり水分を含んでいます。

仮に火の粉が降りかかっても、水蒸気が上がるだけで、燃え上がることはありません。類焼を逃れることもできます。

…………

これを証明するエピソードがあります。

住宅業者が、住宅の防火実験を行った時の話です。

実際には、建物の外壁材として最も燃えやすい木造家屋が使われました。

すると、住宅の周りに何も樹木を植えていない場合は、火の元から18メートルも離れていても、発火するケースがありました。

ところが、周りに樹木を生い茂らせた住宅の場合は、火の元からわずか2.5メートルしか離れていなくても発火しなかったといいます。

また、関東大震災の時の話。

樹木の少ない本所の陸軍施設に避難した人々は、施設の火災に巻き込まれて、多くの人が亡くなりました。

しかし、樹木が生い茂る深川庭園に避難した人々は、全員無事だったといいます。

………

というわけで、結論としては、貰い火をしないためには、住宅の外囲いは生け花に。更に、狭い庭でも、なるべく沢山の木を植えておくのがベストと言えるでしょう。