読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

108.三つの話(全3話)第2話

(第2話)有るべきか、無い方が良いか

仏教思想家の「ひろさちやさん」は、「極楽世界はあるか否か」という質問をよく受けるそうです。

その時「あるか、ないか」を説いても、誰も行ったことも見たこともないのだから、いくら説得させようとしても無駄であります。

そうではなくて「『有るべきか、無い方が良いか』を説けば良いと悟った」と言われます。

例えば、医者が患者を手術する時、患者は助かるだろうか?死ぬだろうか?といった風には考えません。

患者を助けなければと考えて、一生懸命に努力するはずです。

それと同じで、浄土があるか無いかではではなく、「浄土はあるべきだ」と考えて信じれば、生き方が違ってくるはずだと、語っておられます。

・・・

フランスの数学者で、哲学者でもあったパスカルも「神があるか、無いかはわからない。

しかし、神がある方に賭けたら、人生は喜びに満ち、無い方に賭けたら悲惨の極みだ。

だからある方に賭けた方が、得だ」と言った。

信長が好んだ謡曲『敦盛』では、「人間五十年…夢まぼろしのごとくなり」と謡うが、浄土や神はあると思って前向きに生きたいものです。

「生まれ変わり」について以前、こういう話を聞いたことがあります。

生まれ変わりがあると信じ、「この世は修行だ。感謝で生きよう」などと思っていた人が亡くなったあと、あの世があったとしたら、「自分は間違っていなかった、ラッキー!」と思うので、プラス1点。

・・・逆に、生まれ変わりなどない、などとうそぶいて、「汚い言葉を使ったり、人をだましたり、平気で悪い事をしてきた人」が亡くなって、もしあの世が存在したら、愕然として、身もだえするような後悔の念にかられるので、マイナス1点。

・・・そして、生まれ変わりを信じている人も、信じていない人も、あの世がなかったとしたら、それは存在しないのだから、マイナスもプラスも無いゼロ。

だから、信じた方が確率論から言っても得だ、と言うことだった。

あの世や、神は見えない世界だし、証明できない世界。

この手の話は、あまり言い過ぎると怪しく思われてしまいますが・・・。

しかし「ある方に賭けた方が得」。あの世や神は、あると思って生きた方が、人生を豊かに生きられるようです。

107)三つの話(全3話)第1話

 (第1話)ヒツジとヤギ

川を渡るために、丸太の橋が架けられていました。

その橋は大変幅が狭いのです。

ある日のこと、二匹のヒツジが橋で会ってしまいました。

二匹ともせかせかと橋を渡り始めます。

橋は狭かったので、その二匹は、すり抜ける余地はありません。

しばらく立ち止まりました。

相手のヒツジをみて、一方は怒りだしました。

その二匹は角を突き合いぶつかり合っているうちに、二匹とも橋から転落して死んでしまいました。

別の日、今度は二匹のヤギが、先ほどの丸太橋の真ん中で会ってしまいました。

橋は狭いです。後ろには下がれません…二匹のヤギは途方に暮れてしまい、しばらく立ち止まりました。

さて、ヤギさん、どうしたでしょうか?

・・・

一匹のヤギが、うつ伏せになって寝ました。

もう一匹のヤギの方は、理解しました。

彼は橋の上にピッタリと張り付いて寝ているヤギの背中の上に、ゆっくりと足を乗せて前に進みました。

そのヤギが行ってしまった後、もう一匹のヤギもゆっくりと起き上がり、二匹とも仲良く橋を渡りました。

・・・

「自分は正義」「自分は間違っていない」「相手が間違っているんだ!」と思う時があるかもしれません。

しかし、相手にとっても自分は正義なんです!

「正義と正義は、時にぶつかり合う」のです。

自分が勝つこと、自分が得をすることばかり考えるのではなくて、自分が踏み台になってでも、相手を尊重すること、相手の為に何ができるか?と考え行動すること、その心が幸せですね。

106).泥かぶら(全3編)その3

ところが、そんなある日、村に恐ろしい「人買い」がやってきました。

人買いは借金のかたに、一人の娘を連れて行こうとします。

「泥かぶら」と同じ年の親しい娘です。

見かねた「泥かぶら」は、人買いに、自分を身代りにしてくれと頼みます。

こうして、売られていく「泥かぶら」と人買いとの都への旅が始まります。

旅の途中、毎日、「泥かぶら」は、何を見ても笑い喜びます。

しかも人買いを自分の父親のように慕い、親切にするのです。

そんな「泥かぶら」の姿に人買いは、激しく心を揺さぶられます。

月の美しい夜でした。

人買いは、「泥かぶら」に、お金と共に置手紙を残して、そっと姿をけします。

手紙には、こんな言葉が書かれていました。

「俺はお前の寝顔を見て恥ずかしくなった。お前が話をきかせた赤ん坊のように俺の心に憎いものが無くなった。今日から人質はやめる。いい仕事をしよう。お前も、幸福にお暮らし。・・・俺は今踊りたいくらいだよ。お前のお陰だよ。お前の笑い声、俺は一生忘れない。ありがとうよ。仏の様に美しい子」

・・・

「泥かぶら」は、その時初めて、お爺さんが自分に示してくれた、教えの意味を悟るのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

泥にまみれて、醜い姿をしていた少女も、自分を変えることができました。

彼女に酷い仕打ちをしていた周りの人達の心も、期せずして変わっていきました。

………

どんな人間でも、自分を変えることが出来ます。

自分の心がけを変えるだけで、自分の人生を変えることができます。

人を幸せにすることもでき、それがまた自分の幸せにつながります。

そうして、私達の人生はさらに美しく、愛に満ちたものになるのです。

………

「泥かぶら」が教えてもらい、そして実行した次の3つは大事なヒントです。

・自分の顔を恥じないこと。

・どんな時にもにっこりと笑うこと。

・人の身になって思うこと。    (終わり)