読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使のお通り(その二)

メンタルヘルス

 

また、栃東さんに登場願います。

栃東が、十五日目に勝った時と、その後初めて優勝決定戦に臨んだ時の話をします。

栃東の頬に両目からあふれた涙がつたって落ちた。

「嬉しいです…」後は言葉になりませんでした。

最終日に、千代大海の容赦ない突っ張りを顔面に浴び続けた。

速射砲のように27連発です。「顔を上げないことだけを考えた」グッと顎を引いてひたすら我慢し、今度は反撃に出ました。

右からおっつけて、左から突く。相手の体制が崩れたところを、もろ手で押し出した。腫れあがった顔から血が噴き出している。

突かれても、突かれても、引き下がらない栃東の態度に、観客は大満足している。ここまでの道のりは険しかった。

・・・栃東は、以前このブログでも紹介しましたように、これまで左右に逃げて勝つ戦法を批判され、何度も三賞を逃しています。

…・・

いよいよ優勝決定戦の相撲で、初日から「封印」していた伝家の宝刀を抜いた。

立会いで頭からガッチリ当たり、左へサット変わる。

アットいう間の突き落としである。頭の低すぎた千代大海は、前のめりになって、バッタリ手をついた。

今回の引き技に対しては、一つ前の大相撲のせいか、何の批判も出ない。

それより、あまりの鮮やかさに、観客の皆さんは、思わず息を飲み、静寂さが管内を覆いました。

これも「天使のお通り」である。一つ数えるかどうか、というホンの一瞬、観客は息を止めた。やがて、天をつんざく大拍手である。感動的な局面に遭遇すると、「天使のお通り」に出くわすことができる。そして、心を静めることになる。そんな体験を、出来るだけ多く積み重ねて、生きていきたいものです。