読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機転が利く(全3話)その2「貧しい農家の娘の話」

2つ目はゲームの理論より「囚人のジレンマ」に「貧しい農家の娘の話」があります。

‥‥‥‥‥

地主から多額の借金をしている貧乏農家の父娘に、意地悪な地主が厳しい選択を迫っています。

息子が、あなたの娘に好意を寄せているので是非結婚させたい。

承諾すれば借金は帳消しにする。

断るなら、今すぐに家と畑と借金を返してもらいたい

しかし、その娘には愛を誓い合った別の婚約者がいる。

当然お金にあては無く、借金を返すことなど出来ません。

父娘が途方にくれていると再び地主が迫ります。

決められないならこうしよう。

今から我々の足元に、無数に散らばっている白い石と黒い石がある。

この石を白、黒一個ずつこの袋にいれる。

娘さんに袋から石を取り出させ、その石が白いなら、息子の結婚は諦めて借金も帳消しにしよう。

その代わり黒い石なら、借金の代わりに娘さんを頂く。

何れにしても、借金は帳消しだから、悪い話ではないだろう

父親はどうしようもなく、頷くのみであります。

娘も目に涙を浮かべながら承諾しました。

地主はにやりと笑って、転がっている2つの石を袋に入れます。

……………

しかし次の瞬間、娘だけが衝撃的な光景を目にします。

地主は『黒い石』だけを、2つ袋の中に入れたのです。

このまま袋から石を取り出せば確実に、黒い石を取り出すことになります。

地主の不正を追及したら、彼は激昂するはずです。

次に何を言い出すか分りません。

全く酷い話です。

あなたがその娘の立場だったらどうしますか?

‥‥‥・

娘は地主が持っている袋から、石を取り出す瞬間に手を滑らせて、石を地面に落してしまう。

そして次のように地主に言いました。

地主様、本当に申し訳ございません。私ったら緊張して手が滑って石を落としてしまいました。地面にある無数の石にまぎれて、何色の石を取り出したか分らなくなってしまいました。でも地主様、大丈夫です。袋の中に残っている、もう1つの石の色を確認すれば、私が取り出した石の色が分りますよねと。

(袋には黒、従って娘が落とした石は、白ということになる)

この娘は選択肢が無いと思われたケースから、新たな選択肢を作りだします

機転を利かせて事態を好転させた例であります。

‥‥‥‥‥‥

明日のその3は

『工場で働くパートタイマーさんの体験談のお話』とまとめを致します。

今朝の四日市は朝から吹雪がふいて凍えるような寒さです。

みなさん、風邪には十分注意して下さいませ。それでは、 「キュ」