読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を創る肯定的カモ(全5編)その4

「カモ」の話は、イタリアの天文学者ガリレオ・ガリレイにも関係がありそうです。

「それでも地球は動いている」という言葉があります。

地動説を唱えたことで宗教裁判にかけられたガリレオは、

判決の前に、心ならずも天動説を受け入れていますが、その後でこの言葉です。

作り話という説もあるそうですが、

「それでも地球は動いているかも・・・」という表現だったのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・

当時のローマ・カソリック教会が公認していたのは、

アリストテレス以来信じられてきた天動説でした。

太陽や星が地球の周りを回っているという、

地球の人間の目に映ったままの素朴な宇宙観を、

当時の人々は、疑い得ない常識として信じていました。

しかし、科学の発達と共に、そういう常識に異を唱える人が出てきました。

ジョルダーノ・ブルワーノという司教もその一人でした。

彼は宗教裁判所に喚問される16年前、

異端者として、火あぶりの刑に処せられています。

世の中の常識を否定するのも、命がけのことでした。

そんな時代ですから、自説を放棄したガリレオを

「無節操だ」と非難することは出来ません。

投獄は免れましたが、ガリレオも終世軟禁状態に置かれたのです。

…・・・・・・・・

誰かが勇気を出して、古い常識を壊さなければ、世の中の進歩はありません。

社会の進歩・発展は、必ず世間の常識を疑う一つの「かも」から始まります。

「この考えは、間違っているかも

「本当は地球の方が、太陽の周りを回っているかも

…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日(その5)は、ここからです。

ガリレオも敬虔なカトリック信者でした。

そのガリレオの頭に、世の中の常識であり、

カトリックの教義であり、

自分も子供の頃から信じてきた天動説を疑う「かも」が、

ふっとひらめいた瞬間があったはずです。

しかし・・・・・・

それでは、みなさま 今日も素敵な一日を‥「キュ」