読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことが済んだ後の心得(全3編)その1

その日、私はタクシーで自宅に向かっていました。

すると道路脇の駐車場からいきなり黒い車が飛び出し、

私の乗ったタクシーの前に強引に割り込んできました。

驚いた運転手さんが、急ブレーキをかけたため、

タクシーはスリップし、

前の車まで、あと数センチの所でかろうじて停止しました。

「いきなり割り込むなんて信じられない!」

怒りが出て来ました。

・・・でもその後、

さらに信じられないことが起こりました。

黒い車を運転していた男

(つまり、危うく事故を起こすところだった張本人)が、

こちらに向かって、大声で怒鳴り出したのです。

一体何を考えているのだろうか?

さらに驚いたことに、

被害者であるタクシーの運転手さんは、

男の行動にいらだつ様子も見せませんでした。

それどころか、にっこりと微笑みかけ、手を振ってその場を去ったのです。

この運転手さんは、何かの宗教の信者なのだろうか?

・・・

不思議に思って、

「運転手さん、あんな奴に、よくもそんな態度がとれますね、あいつのせいで、私達は死んでいたかもしれないのに・・・」

この時の運転手さんの返答が、素晴らしかった。

彼は、静かにこう言ったのです。

「お客さん、こういう仕事をしていますとね、ああいう連中にしょっちゅう出くわすんですよ。彼らの心の中は、不満、やり場のない怒り、落胆といった感情の『ごみ」で一杯なのです」

・・・

明日(その2)はここからです。

「ごみ」が貯まって、

心の入れ物から溢れそうになると、

今度は捨てる場所を探すんです。

だからね、

「なんで自分がこんな目に!」

なんて思う必要はありません。

ただ、にっこり笑い、

手を振ってやり過ごし、

幸運の一つでも祈ってやればいいのです・・・

※先ほど自宅に戻りました。

今日は遅い投稿になり申御座いませんでした。

それでは みなさま 今週も宜しくお願いいたします。

「キュ」