読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

至誠を貫いた三国清三さん(全3編)その1

 三国さんと言えば、フランス料理の第一人者です。

「世界に知られる日本人シェフ」と言われています。

三国さんは、昭和29年に生まれました。

で、なんと昭和44年、15歳の時に、北海道でNO1と言われる、札幌グランドホテルの厨房に入りました。

この人、ものすごい才能があったのです。

たった数年間働いただけで、若くして、この花型シェフになるのです。

でもこの人、まだまだ志が高いのです。

料理の頂点を目指して、東京に行くのです行った先は、帝国ホテル。

当時、日本一のホテルです。

 ・・・

その時、総料理長村上信夫さん。

「ムッシュ村上」と呼ばれていた方です。

ご存知のようにフランス料理では、日本一といわれていた方です。

村上さんは、平成17年に、84歳で亡くなってしまったのですが、その村上さんに、三国さんは、最初の日にこう言われました。

「鍋でも洗ってもらおうか」と言われたのです。

 三国さんにしてみれば、

「俺は、札幌グランドホテルで人気のシェフだったのだ!」

というプライドがあったでしょう。

「その俺に、鍋洗いをさせるとは、どういうことだ!」って、ムカッとなったそうです。

でも三国さんは、さすがです。

「それなら、三国の鍋洗いを見せてやろう」と思い、

その日は徹夜で鍋の取っ手のネジまではずして、綺麗に磨き上げたそうです

そして、翌朝その鍋を、調理台の上に、ズラ~っと並べて置かれたのです。

村上さんはそれを見て、三国さんに、「綺麗に洗えていたね」と、言ったそうですが、三国さんが「今日は、何をさせてもらいましょうか?」と、訊いたところ、また、「そうだなぁ、鍋でも洗ってもらおうか」って、言われたそうです。

で、なんと、このあと三国さんは、2年もの間、なべ洗いを続けたのです。勿論悔しかったと思います。

明日(その2)はここからです。

でも、三国さんの偉いところは、その時に「鍋洗いなんて・・・」と、手を抜くようなことはしなかったのです。

「そんなことを言うのなら、オレの鍋洗いを、見せてやる!」と来る日も来る日も、鍋をピカピカに磨き続けたのです。

隅々まで・・。