読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

19).あなた自分に厳しくない?(全2編)その1

 以前、コーヒーチェーンのスターバックス(以下スタバ)で面白いプロモーションをやっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・

大人になったら、誰かから、ご褒美をもらうなんて機会は、少ないのではないだろうか?

スタバに行って、いつものコーヒーを注文する。

ふと、壁に目をやると、『自分へのご褒美コンテスト』という、面白いプロモーションをやっていた。

多分、全国のスタバで、やっていたのではないだろうか?

お客様目線の発想が、とても面白いと思いました。

「1週間、働いたご褒美に、大好物のチーズケーキを焼いて食べる」とか、「日曜日に思いっきり昼寝する」とか、「旦那様の給料日においしい料理を食べに行く」とか、人がどんなことを、自分にご褒美にしているのか、見てみるのはとても面白い。

何故これが面白いと思ったのか?

理由は簡単です。

何故なら、殆どの人は、自分に厳しい。

自分に厳しすぎる。

特に、この文を読んでおられる、みなさんのように向上心の高い、成長志向の人には、自分に厳しい人が多い。

揚げた目標のために、全力で邁進するようなタイプ。

そして、少しでも自分にダメな所があったり、目標が達成できなかったりすると自分を責めてしまったり、自己嫌悪を感じてしまったりする・・・。

ダメな時に自分を、叱って激励するのはいいことだと思う。

しかし、もっと大切なのは、自分が、良いことをやった時に、必ず自分をほめてあげることだ。自分にご褒美をあげることである。

 明日(その2)はここからです。

大人になると、誰もあなたにご褒美をくれたり、「すごいね~」なんて褒めてくれたりしない。

だから、自分を自分で褒めなければならない。自分に厳しくするのが、大人だと思ってしまいがちだ

 

それでは、みなさま、今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。

「キュ」