読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レギュラーになれなかった人達に(全2編)その2

 スポーツの世界では、レギュラーやスターになれない人がほとんどです。

ほんの一握りの人達だけが、スポットライトを浴び、有名になります。

その陰には、文句も言わず黙々と、その人達を支えてきてくれた補欠、

そして補欠にもなれなかった選手がいます。

しかし、どんなに才能があろうが、一人でずっと練習することは出来ません。

……………

普段は目立たないが、一緒に練習する選手がいるからこその話です。

会社でも、一般の社会でもこれは同じことだと思います。

支えてけれる誰かがいるから、今の自分がある。

こんな大事なことを我々はつい忘れてしまいます。

「レギュラーになれなかった人達にこそ敬意を」、

「負けた人にこそ、暖かい拍手を」という気持ちが必要だと思います。

そんな、優しい気持ちと、思いやりが社会にあふれていたら、

どんなにか素敵な世の中になることでしょう。

本当の強さと、優しさを身につけたい。

‥‥‥‥‥

明日から全3編、子供について考えてみたいと思います。

生まれた時は、ただただ、健康で無事に育ってくれればいい、と願ったはずですが、

時間が経つと、子供にあれこれと要求している自分に気づきます。

もう一度、子供が生まれた時のことを思い出してみたい。

あれこれ要求するのを止めて、子供に

「あなたが生まれてきてくれて、どんなに幸せか」と伝えた時、

子供も、親に、「ありがとう」と感謝の気持ちが芽生えるのかもしれない。

そんな気が致します。

題して、「子供が生まれてきた時のこと」

その1 はここから始めます。

学習塾の合宿は、塾にとっても大きなイベントで、合宿の成果によって合格率も変わってきます。‥

生徒たちにとって、勉強漬けの日々が続く合宿は、辛く厳しいものです。

親元から離れ、一人で受験というものに、向わなければなりません。

そんな苦しい中、生徒のやる気を、持続させることは難しいのです。

 

毎日読んでくださるみなさま、心からお礼申し上げます。

「ありがとうございます」

今日も、みなさまにとって、素敵な一日になりますように。

それでは、 「キュ」