読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑話休題…カメは後退できない

カメは、前にしか進めない。

カメのひざは、前に曲がっているために、後ろに進むことが出来ないのである。

その点、人間は骨や関節が複雑に出来ていて、色々な方向に動くことが出来る。

………………

「人生」という長い見地から考えると、

前進しかない」というのは、

一見、素晴らしいことの様に感じられる。

よくどんな時でも「プラス思考」で、前だけ見て全力で走ることが、

成功するために必要であると、よく言われる。

しかし、常に「前進する」というのは、リスクが高い。

前だけ見ている人に限って、いつも壁にぶつかっているのではないだろうか?

人生の様々なシーンでは、撤退する勇気も必要である。

撤退しないまでも、一時的に横に進むことで、リスクを回避してから、

再度前進することも出来る。

方向を斜めに変化させることで問題にぶつからず、すり抜けることも出来る

又、プラス思考だけでは、乗りきれないことが沢山ある。

ネガティブに考えたからこそ、

「リスクを未然に防げた」ということも多いのではなかろうか?

…………………

カメが、道路で轢かれているのを見つけると、バック出来ない悲しさを感じる。

我々は、幸い、前後左右に動くことが出来る。

「前しか見てはいけない」と、思い込まずに臨機応変に、

方向を調整することも大切である。

それが、最終的に成功への近道になるかもしれない。

………………

撤退、方向転換も前進のひとつである。

退くことを決断する方が、新たに創業を決断するより難しいかもしれない。

創業するのは自分自身だが、

退く時は、他人が創業したものであることもある。

だから難しいこともある。

‥‥‥‥‥‥

※みなさんの中に、自分に厳しすぎる という方おられませんか?

以前、コーヒーチェーンのスターバックス(以下スタバ)で面白いプロモーションをやっていました。

大人になったら、誰かから、ご褒美をもらうなんて機会は、少ないのではないでしょうか?

スタバに行って、いつものコーヒーを注文する。

ふと、壁に目をやると、

『自分へのご褒美コンテスト』

という、面白いプロモーションをやっていました。

明日から、全2編 

題して、”あなた自分に厳しくない?” 

( `・∀・´)ノヨロシク! 

それでは、 「キュ」