読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大病を治せる人とリーダー(全3編)その3

奥様のあの言葉がなかったら、僕は今ここにいません。

医療もまさに心一つの置きどころで、

患者の側が自ら治ろうという気概を持たなければ何も起こらない。

・・・

僕はこれを傘に例えています。

傘には布と芯の部分がある。

布の部分は、医療者や家族であり、

芯の部分が患者さん本人ですよ。

これがなければ、傘の用をなさないですよね。

僕はこれをアンブレラ理論と呼んでいますが、

治療には絶対に必要なものと考えています

・・・・・・

この事は、組織のリーダーにも言えます。

「誰かが何とかしてくれる」

という甘えがある限りその小集団は、

成果をあげることは出来ない。

リーダー自らの「目標を達成するのだ!」

という強い決意が、芯の部分であり、

会社の従業員や、地域社会構成員の気持ちの持ち方が布である。

布もしっかりしていないと、傘の体をなさないが、

芯が、これから進む方向と、

取組むべき具体的手段・方法をしっかり明示しないと、

従業員や構成員の小集団は、何も動かず、

そこにじっと停滞したままになる。(終わり)

・・・

私の友人に販売のお仕事をしている女性がいます。

人と触れ合う仕事を天職と思っておられ輝いておられます。

私のFBフレンド全員にも輝いてほしい。

「ようこそ!…」が少しでもお役にたてればと

最近思いはじめました。

・・・

明日のタイトルは「無上意のサービス」です。

「無上意」とはこれ以上無い行為」

という意味の仏典から来ている言葉です。

人は大それた行為や、

金のかかった大きな仕掛けに感動し、

感激するのではありません。

ほんの小さな心遣い、さりげない思いやり、

温かな無償の行為に感動します。

人の不思議なところは、

難しい数学や物理の公式を覚えている人を見て、

びっくりはするが、感動はしません。

誰もが、少し努力すればできる笑顔や、

思いやりや、気遣いを「ここまでやるか」

と見せられた時、感動し感激するのです…

※今日は私の会社の創立記念日で会社は休み。

大好きな、サウナに行ってきます。

それでは、みなさま、素敵な 一日を…

「キュ」